やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

2018-05-17から1日間の記事一覧

『明治の人物誌』星新一著

星新一氏が新渡戸稲造を取り上げた『明治の人物誌』も軽くメモしておきたい。 この本には星新一氏の父親である星一と縁のある下記の10名が取り上げられれいる。 中村正直 野口英世 岩下清周 伊藤博文 新渡戸稲造 エジソン 後藤猛太郎 花井卓蔵 後藤新平 杉山…

『明治・父・アメリカ』星新一(読書メモ)

一体この世の中に新渡戸稲造に関係しなかった人がいないのではないか、と思えるほどその人脈の広さに驚いている。 ウェブ検索中に見つけた「星一」の名前。SF作家星新一氏の父親だ。 彼も新渡戸稲造に出会い人生が変わった。 幸い、星新一氏が父親の交流を研…

30億円の基金を任されて(7)

今回の島サミットに、タヒチ、正確には仏領ポリネシアがニューカレドニアと共に参加することとなった。これを喜ぶのは昨年亡くなられた篠遠喜彦博士であろう。 なぜ私が、篠遠先生にタヒチに関連を持つようになったのか。 これも笹川平和財団の不正・腐敗と…