やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

パラオに続いてヤップもインド太平洋軍を歓迎

現在パラオにどんどんインド太平洋軍が入っている。彼らの道筋を2008年から作り、ここ数年はほぼ一体となってサポートしてきた。パラオの安全保障はそこまで崖っぷちにさらされていたのだ。そしてまだ気が抜けない状況なのだ。

そんなパラオを見て、のことだろうか?隣のヤップ島、ファラン州知事も米軍歓迎と言い出した。機械訳は下記にコピペしておく。

ヤップも、パラオ同様中国の第二列島線上に位置し、中国からのアプローチはパラオ以上に強烈だ。しかもミクロネシア連邦はパラオと違って中国と長年の外交関係を維持している。そして2年前には米国の若い女性弁護士が島の人に射殺される事件まであった。繰り返すが島は楽園ではない。

“Too many in government are unwilling to take the responsibility for ideas and actions at the local level, the mentality which has resulted in economic anxiety,”

「政府の中には、地方レベルでのアイデアや行動に責任を持とうとしない人があまりにも多く、その心理が経済的な不安を生んでいます」

パラオも同様だ。自分たちでは島の安全を守り蹴れず、中国との関係を強化しようとする若い世代ばかりだ。

 

あ、ここも重要です。

He is not coy about his reluctance to accept aid from China, preferring to be assisted by Japan instead. 

中国からの援助は受けたくない、日本からの援助を受けたいと言っている。

-----

ファラン、ヤップでの軍駐留を支持。彼らがやりたいことは何でも、やってしまえ!」。

もし、ヤップに軍事的プレゼンスをもたらす計画があれば、ヘンリー・ファラン知事は両手を広げて歓迎するだろう。"結局のところ、自由連合規約は、戦略的価値があるとみなされているこの地域全体に軍事力を提供する独占的権利を米国に与えている」と彼は言う。米軍がこれらの島々に基地を建設するのに、私や他の誰かの許可を得る必要はありません」。

ヤップはミクロネシア連邦の一州であり、米国と自由な関係にあり、双方に特典がある。太平洋諸島の他の島国と同様に、ミクロネシア連邦も米軍のインド太平洋戦略の重要な構成要素として浮上しています。

アメリカと中国の両方に友好的なミクロネシア連邦だが、ファランは北京への好意のなさを隠していない。中国からの援助を受けたくない、日本からの援助を受けたい、とも語っている。

"個人的にも、知事としても、民主主義は世界で最も優れた政治形態であると強く感じています。アメリカは私たちに、自分たちの道を決め、追求するために必要な自由と機会を与えてくれました」とファラン氏は語った。

2人の元国防当局者によると、米軍はこの地域でのフットプリントを拡大し、より分散された戦力態勢を作り、様々なシナリオや政治的・軍事的課題に対してより柔軟に対応できるようにすることを提言した。

"そのためには、ヤップ、パラオ、テニアンといった太平洋の主要な島々に施設を建設するとともに、オーストラリア北部や日本全国にある既存の飛行場を、分散した予測不可能な軍事作戦を支援するための弾力的なハブに変える必要がある」と、ディフェンス・ワン誌が発表した論説では、米インド太平洋軍司令官特別補佐官だったエリック・セイヤーズ氏と、元国防副次官補(東アジア担当)のエイブラハム・M・デンマーク氏が執筆しています。

"知事として、私は米軍がヤップに拠点を置くことを歓迎します。私たちの経済やインフラにとっても良いことだと思います」とファラン氏は語ります。

しかし、彼は潜在的な抵抗を認めています。"また、米軍がヤップに駐留することになった場合、戦争になったときに標的にされる可能性があることに不安を感じる人もいます。第二次世界大戦末期に大きな損害を受けたことは、今でも多くの人の心に残っています」と語る。"今、私たちは中国海での紛争や、アメリカ、北朝鮮、中国の間でのサーベル・ラットリングについて聞いています」。

しかし、心配するほどのことではないとFalan氏は述べ、米国は強力なパートナーであると指摘しました。

"米国は私たち全員に自由と機会をもたらしてくれましたし、それはすべてに値するものだと思います。"たとえ予期せぬ障害が発生したとしても、責任ある大人として、状況を改善するための基本的かつ圧倒的な責任を負うことになるでしょう」。

知事は、中国の島の開発を支持する州の指導者たちに不快感を示した。

"私が全く理解できないのは、奨学金を得てアメリカの大学に通い、アメリカ本土やハワイで数年間働いた後にヤップに戻り、現在は政府で働いている優秀な人材の多くが、自由な社会ではなく、人権を支持しない他の政権に目を向けていることだ」と述べた。"そのような破壊的な勢力に売り渡すことが、我々の国民にとって正しい道であると信じることができるのか、私には理解できません」。

米軍が民主主義を守ることで、"文化や伝統を含めたヤップの持続可能な未来を何世代にもわたって確保することができる "とファランは語った。

しかし、地元のリーダーとしての意見が重要かどうかは別の話だと知事は言う。"政府の中には、地方レベルでのアイデアや行動に責任を持とうとしない人があまりにも多く、その心理が経済的な不安を生んでいます」と彼は言う。"地方政府の役人は、失敗したときの結果を恐れている。誰かが後ろに隠れて言い訳にしてくれれば安心なのだ。これをダイナミックに変えていかなければなりません」。

ファランは、米軍の駐留による潜在的な利益を、今の州が受けているものよりも期待している。"滑走路の整備については、以前から軍と協力して進めてきました」と語る。

米連邦航空局の空港改善プログラムでは、このインフラプロジェクトに総額3,350万ドルの資金を提供しています。"ファランは「私の政権中に完成し、完成の間もその後もずっと、軍の存在感を高める基盤となることを期待しています」と語った。