やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

米国家安全保障局前事務官Alexに嘘を教えたのは誰だ!中共の列島線は日本軍のコピー?🍊

このブログ後で書きますが、同盟国のシニア高官ってもしや日本の自衛官でない事を祈る。

なんと米国前政権の国家安全保障局のAlex Grayに、現在の中共の列島線戦略は、戦争中の日本軍の戦略であると話したらしい。

この件、数年前に耳にして調べたがそうではなく、列島線戦略は戦後の米国のもの。日本は井上成美の絶対国防圏があるがそれとは違うし、そもそも中共と日本を並列に議論するのがおかしい。日本の植民政策を何も理解していない「同盟国のシニア高官」を炙りすべきだ!

誰だ!!

 

ニクソンセミナーを聞いていてたまたま見つけたAlexの問題発言の箇所

1:08 あたり

youtu.be

I will do it. I will do it faster than that, Mr. Secretary, and, and I would just want to quickly say Ms. Sector, your visit to the Marshall Islands was a huge part of that strategy, and that was a big, big deal in the last administration. Um, no, I appreciate the question. And I think w w you know, one of the most interesting things that I learned in studying the region and visiting the region was that the Chinese have to some extent adopted the Japanese strategy from world war two and how they're using the second island chain and how they're thinking about it strategically, and then Matt Pottenger. And I actually heard from a senior allied official a comment that will always stick with me that if you take a map of how the Japanese were, were projecting power in about 1940 through dominating the former German colonial possessions in the second island chain, and you overlay that with where the Chinese are now interested in basing and, and one belt, one road activity, it's almost a complete overlap. And so the possessions that we have that we've had since the end of world war two plus our territories in Guam and American Samoa, those are incredibly important for maintaining American power and American both economic and military and diplomatic power. So it's, um, it is incredibly important. And I think we took a really positive step in the previous administration that I hope will be continued with the high level focus that folks like secretary Pompeo and ambassador O'Brian put on the the second island chain.

 

機械訳

私はそれを実行します。それよりも早くやりますよ、長官。

早速ですが、長官、あなたのマーシャル諸島への訪問は、その戦略の大部分を占めていて、前政権では大きな大きな話題になりましたね。ええと、いや、質問には感謝しています。
私がこの地域を研究したり、訪問したりして学んだ最も興味深いことのひとつは、中国が第二次世界大戦中の日本の戦略をある程度採用しており、第二列島諸島をどのように利用し、どのように戦略的に考えているかということでした、そして、マット・ポッテンジャー。

実際に同盟国の高官から聞いたコメントで、いつも心に残っているものがあります。1940年頃、日本が第二列島諸島の旧ドイツ植民地を支配することで権力を誇示していた様子を地図で見ると、現在中国が基地や一帯一路の活動に関心を持っている場所と重ね合わせてみると、ほぼ完全に重なっているというのです。

第二次世界大戦後に保有していた領土に加え、グアムと米領サモアの領土は、アメリカの力、アメリカの経済力、軍事力、外交力を維持するために非常に重要なものです。

これは、非常に重要なことです。ポンペオ長官やオブライアン大使のような方々が第二列島線に高いレベルで焦点を当てたことで、前政権では本当に前向きな一歩を踏み出すことができたと思っています。