やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

ペリリュー島における米軍の飛行場活性化プロジェクト

米軍、どんどんパラオに入っています。
「兵隊さんは偉かった」
「親日国家パラオー」
としか叫べない日本人がペリリューをどんな島にしてしまったか?しっかり見てもらいましょう。他方パラオ国内はメディアを中心に米軍の関与を反対する動きがあります。彼らはほぼ全員中共の仲間と言っていいでしょう。特に中共マフィアが運営するサイバー犯罪、オンラインカジノ関係者です。
 

islandtimes.org

以下、機械訳。内容ざっと確認しましたが間違いの指摘歓迎します。

米国国防総省(DOD)は今週末、スランゲル・ウィップス・ジュニア大統領とJ・ウドゥック・センゲバウ・シニア副大統領に、ペリリューにおける米軍のプロジェクトについて説明する予定です。
国家安全保障局コーディネーターのジェニファー・アンソンは、ジョディ・ダニエルズ陸軍予備役中将とタスクフォース・オセアニアのティモシー・コネリー准将が今週末にパラオを訪問することを確認しました。

今回の訪問では、両軍将校はペリリュー島を訪れ、歴史的な記念碑を訪問するとともに、ペリリュー島における軍の飛行場活性化プロジェクトについてパラオ人リーダー2人に報告する予定です。

米国陸軍予備軍のウェブサイトによると、ダニエルズLTGは、2020年以降、陸軍予備軍のチーフおよび第9代米国陸軍予備軍司令官を務める初の女性です。

進行中のプロジェクトや、タスクフォース・オセアニアの2021年のパラオ訪問に関する情報は少ない。

地元メディアが、すでにここにいる軍の代表者に進行中のミッションについての情報を求めようとしたり、要求したりしているにもかかわらず、米国の防衛当局者が今年ここを訪れることについては、あまり詳細が伝えられていません。