やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

トランプ政権の高官達の行方

Press Release - Former Assistant Secretary of State for East Asian and Pacific Affairs David R. Stilwell Joins Jamestown Board - Jamestown

トランプ政権が大きくインド太平洋に舵を切ったのは、トランプ氏自身というより軍部出身の人材が国務省、すなわち外交を固めたことが大きいと見ている。

デイヴィッド・スティルウェル東アジア・太平洋担当国務次官補は1980年アメリカ空軍に入隊。2008年-2010年三沢基地の第35戦闘航空団の司令官に就任。アメリカ国防総省のアジア戦略立案部門の幹部、という経歴の持ち主である。

バイデン政権の米国の外交政策に不安を感じる中、スティルウェル氏のような人材の活躍を期待したい。同氏はジェイムズタウン財団の委員になった。
「スティルウェル次官補が加わることで、私たちの理事会にさらに上級の政策専門家が加わることになります。ジェームズタウンは、米国国務省および統合参謀本部の最高レベルでの外交および軍事の経験を持つデビッド・スティルウェル氏のユニークな組み合わせを活用します。これにより、ヒマラヤから西太平洋まで、米国とその同盟国が直面している安全保障上の課題について、ジャムズタウンはより深い洞察を得ることができるでしょう」
---
The Trump administration has been able to steer a major course in the Indo-Pacific not only because of the members of the NSC, but also because of people like this Assistant Secretary Stilwell, who have military backgrounds. I am worried about Baiden administration foreign policy.
“His addition adds even more senior-level policy expertise to our board. Jamestown will draw on David Stilwell’s unique combination of diplomatic and military experience at the highest levels of the U.S. Department of State and Joint Chiefs of Staff. This will provide Jamestown with greater insight into the security challenges faced by the United States and its allies from the Himalayas to the Western Pacific.”