やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

ソロモン諸島マライタ州の平和?暴徒?の行進

10月27日、ソロモン諸島マライタ州知事スイダニ氏への不信任案提出を阻止する住民の行進は、その提出を中止させたが、事態が全て収拾するわけではない。ソロモン諸島の識者のコメントを以下に掲載する。

最初はTransform Aqorau氏である。明らかに中国に阿る中央政府、ソガバレ首相への批判である。それを受けたハワイ大学助教授 KABUTAULAKA氏の暴徒が due processを破壊したという批判である。

 

「私はダニエル・スイダニ首相と何度かカバを飲みながら、国民のニーズを第一に考えた復興経済を構築する計画について話し合いました。

カバを飲みながらの会話の中で、彼は、マライタの人々は苦しみ、葛藤し、多くの人々がより良い生活を求めて移住しなければならなかったが、彼らの森林はアジアの伐採者によって略奪されてきたと言いました。修復型経済のもと、彼は人々に本来あるべきものを取り戻したいと考えています。彼は、人々が持つ唯一の資産は土地であると述べ、人々やコミュニティにカヴァやノニ、木への投資を促しています。

また、女性が疎外されてきたことを認識しており、女性がさまざまなリーダーシップを発揮するための専門的なトレーニングや教育を受けられるよう、女性専用の高等学校の設立を目指しています。昨年、MV Taimareho号で27人のマライタンが亡くなったとき、彼は遺族のもとを訪れ、一緒に泣きました。また、2週間前に西部州で8歳の少女がマライタンたちに惨殺された際には、リーダーとして真っ先にその殺害を非難しました。

私は、彼や他の人たちとカバを飲みながら、開発に関する深刻な問題について議論し、共有するために、かなりの時間を費やしました。議論の中で彼が強調してきたのは、国民のために最善を尽くしたいということでした。私が知る限り、国と州の両方のリーダーの中で、草の根に降りていって政府の政策を国民に説明するのは彼だけです。私は、彼を擁護しているわけではなく、彼について知っていることを述べているだけです。

しかし、このような状況にもかかわらず、経済発展の方向性を変えようとする彼の政府の努力を台無しにしようとする協調的な努力がなされています。そのような影響がどこから来ているかは、外交関係変更への疑問、伐採会社への厳格な管理、2022年以降マライタでの森林伐採に外国人を関与させないという方針の発表などから推測できると思います。

国の政治家や政党を支える力を見れば、DCGA国家政府とマライタ・マラ政府の間に、なぜ、このような大々的な喧嘩が起きているのか、自分なりの結論を出すことができるでしょう。

これは、国の政治経済が、政治プロセスにお金を投じる少数の外部の利害関係者の狭い利益と結びついた瞬間に、その国の指導者が独立性を失い、経済に対する真の力を失ってしまうことを示していると言えます。
私がこの原稿を書いている間にも、それは進行しているのです」。

 

ハワイ大学助教授 TARCISIUS KABUTAULAKA

私はPaul Barkerの記事を読んでいません。そのため、この記事は過去数週間と今日のマライタ州アウキでの出来事に焦点を当てているので、文脈に合わないかもしれません。しかし、会話のためにこの場を開いてくれたことに感謝。

マライタ州知事のダニエル・スイダニ氏が善意であり、マライタの人々の利益を第一に考えていることについては、トランスフォーム博士の言うとおりでしょう。また、スイダニ政権を弱体化させようとする協調的な努力についても、おそらく正しいでしょう。また、ソロモン諸島の国内政治に外部の利害関係者が影響を与えているという指摘も確かに正しい。

この問題は、さまざまなレベル、さまざまな次元で複雑に絡み合っているので、私からも補足させていただきます。

まず、国際政治と国内政治の交錯です。ソロモン諸島が2019年9月に中国との国交を樹立したことで、中央政府とマライタ州政府の間の行き詰まりが始まった(あるいは悪化した)。多くの人はこれを、中国の増大する自己主張的な影響力に対するマライタ州の反発の一例と見ていた。これは、「民主主義のためのマライタ(M4D)」というグループ/運動の設立に象徴されるように、マライタ州が共産主義に対する民主主義のために戦っているということである。

しかし、これには、個人的な性格の違いや、中央政府や開発パートナーからの注目、支持、資源を集めようとする国内的な側面があります。これは、国内の政治的アクターが、国内の政治的な目的のために国際関係の問題を利用した場合です。これは、国際関係とはほとんど関係がなく、むしろ国内政治と関係があります。
開発パートナーの中には、この国内政治の渦の中に真っ先に飛び込んだり、その流れに身を任せたりしている者もいる。この場合、政治的なアクターは、国際的な援助を取り込み、国内の政治活動に利用したのである。彼らはまた、これらの援助のメッセージングをコントロールし、自分たちの政治的な物語やアジェンダに合うようにしている。このことを開発パートナーが認識しているかどうかはわかりませんが。

第二に、スイダニ氏の知事職に対する不信任案とその後の撤回をめぐる議論や出来事は、より広範な問題を提起しています。スイダニ氏がマライタの人々から広く支持されていることは間違いありません。また、一部のマライタ州議会議員が州の政治に干渉していることも疑いの余地はありません。しかし、今日の最大の犠牲者は、政治家やその支持者のエゴではありません。むしろ、最大の犠牲者は、法と適正手続きの尊重です。ここ数日と今日の出来事は、法とプロセスを無視した暴徒支配を認めることで、政治的な意見の相違を解決しても構わないという印象を与えています。

第三に、今朝アウキでこのような出来事が起こっている間に、チョイスル州では不信任案が提出され、現職の首相が退陣し、新首相の指名が開始され、月曜日に選挙が行われることになりました。Aukiで見られたような暴徒的なドラマはありませんでした。マライタ州とチョイスール州は違うと主張する人がいます。マライタ州とチョイスル州は違うのだから、チョイスル州と同じように法律や正当な手続きを踏むことを期待すべきではないと主張する人がいます。この主張には、マライタ州が他の州とは本質的に異なるため、法律やデュー・プロセスに従うことを期待すべきではないというマライタ州の例外主義があります。この論法は、暴徒的な要求や法律やプロセスの無視を、マライタの規範として期待し、受け入れるべきだということを意味しています。もしそうだとしたら、暴徒の支配を常態化させることで、マライタだけでなく、国全体に危険な前例を作ってしまったことになります。

国民の福祉を純粋に心配することが、法律や適正な手続きを曲げる言い訳になってはいけません。同時に、ソロモン諸島中央政府は、州政府への対応に注意を払うべきです。さらに、開発パートナーは、特にこのような超政治的な競争の時代には、どこにジャンプするか注意しなければなりません。

私の兄弟であるトランスフォーム博士は、対話のためにこの場を開いてくれ、私にそれを追加させてくれました。あなたのように、私も国や地域、そして世界のより良い未来を信じています。Gudfala naetとTagio tumasは、私の深夜の雑感に付き合ってくれました。今夜はカバはありません。

 

Tarcisius Kabutaulaka 私はPaul Barkerの記事を読んでいません。そのため、この記事は過去数週間と今日のマライタ州アウキでの出来事に焦点を当てているので、文脈に合わないかもしれません。しかし、会話のためにこの場を開いてくれたことに感謝。 マライタ州知事のダニエル・スイダニ氏が善意であり、マライタの人々の利益を第一に考えていることについては、トランスフォーム博士の言うとおりでしょう。また、スイダニ政権を弱体化させようとする協調的な努力についても、おそらく正しいでしょう。また、ソロモン諸島の国内政治に外部の利害関係者が影響を与えているという指摘も確かに正しい。 この問題は、さまざまなレベル、さまざまな次元で複雑に絡み合っているので、私からも補足させていただきます。 まず、国際政治と国内政治の交錯です。ソロモン諸島が2019年9月に中国との国交を樹立したことで、中央政府とマライタ州政府の間の行き詰まりが始まった(あるいは悪化した)。多くの人はこれを、中国の増大する自己主張的な影響力に対するマライタ州の反発の一例と見ていた。これは、「民主主義のためのマライタ(M4D)」というグループ/運動の設立に象徴されるように、マライタ州が共産主義に対する民主主義のために戦っているということである。 しかし、これには、個人的な性格の違いや、中央政府や開発パートナーからの注目、支持、資源を集めようとする国内的な側面があります。これは、国内の政治的アクターが、国内の政治的な目的のために国際関係の問題を利用した場合です。これは、国際関係とはほとんど関係がなく、むしろ国内政治と関係があります。 開発パートナーの中には、この国内政治の渦の中に真っ先に飛び込んだり、その流れに身を任せたりしている者もいる。この場合、政治的なアクターは、国際的な援助を取り込み、国内の政治活動に利用したのである。彼らはまた、これらの援助のメッセージングをコントロールし、自分たちの政治的な物語やアジェンダに合うようにしている。このことを開発パートナーが認識しているかどうかはわかりませんが。 第二に、スイダニ氏の知事職に対する不信任案とその後の撤回をめぐる議論や出来事は、より広範な問題を提起しています。スイダニ氏がマライタの人々から広く支持されていることは間違いありません。また、一部のマライタ州議会議員が州の政治に干渉していることも疑いの余地はありません。しかし、今日の最大の犠牲者は、政治家やその支持者のエゴではありません。むしろ、最大の犠牲者は、法と適正手続きの尊重です。ここ数日と今日の出来事は、法とプロセスを無視した暴徒支配を認めることで、政治的な意見の相違を解決しても構わないという印象を与えています。 第三に、今朝アウキでこのような出来事が起こっている間に、チョイスル州では不信任案が提出され、現職の首相が退陣し、新首相の指名が開始され、月曜日に選挙が行われることになりました。Aukiで見られたような暴徒的なドラマはありませんでした。マライタ州とチョイスール州は違うと主張する人がいます。マライタ州とチョイスル州は違うのだから、チョイスル州と同じように法律や正当な手続きを踏むことを期待すべきではないと主張する人がいます。この主張には、マライタ州が他の州とは本質的に異なるため、法律やデュー・プロセスに従うことを期待すべきではないというマライタ州の例外主義があります。この論法は、暴徒的な要求や法律やプロセスの無視を、マライタの規範として期待し、受け入れるべきだということを意味しています。もしそうだとしたら、暴徒の支配を常態化させることで、マライタだけでなく、国全体に危険な前例を作ってしまったことになります。 国民の福祉を純粋に心配することが、法律や適正な手続きを曲げる言い訳になってはいけません。同時に、ソロモン諸島中央政府は、州政府への対応に注意を払うべきです。さらに、開発パートナーは、特にこのような超政治的な競争の時代には、どこにジャンプするか注意しなければなりません。 私の兄弟であるトランスフォーム博士は、対話のためにこの場を開いてくれ、私にそれを追加させてくれました。あなたのように、私も国や地域、そして世界のより良い未来を信じています。Gudfala naetとTagio tumasは、私の深夜の雑感に付き合ってくれました。今夜はカバはありません。
Tarcisius Kabutaulaka 私はPaul Barkerの記事を読んでいません。そのため、この記事は過去数週間と今日のマライタ州アウキでの出来事に焦点を当てているので、文脈に合わないかもしれません。しかし、会話のためにこの場を開いてくれたことに感謝。 マライタ州知事のダニエル・スイダニ氏が善意であり、マライタの人々の利益を第一に考えていることについては、トランスフォーム博士の言うとおりでしょう。また、スイダニ政権を弱体化させようとする協調的な努力についても、おそらく正しいでしょう。また、ソロモン諸島の国内政治に外部の利害関係者が影響を与えているという指摘も確かに正しい。 この問題は、さまざまなレベル、さまざまな次元で複雑に絡み合っているので、私からも補足させていただきます。 まず、国際政治と国内政治の交錯です。ソロモン諸島が2019年9月に中国との国交を樹立したことで、中央政府とマライタ州政府の間の行き詰まりが始まった(あるいは悪化した)。多くの人はこれを、中国の増大する自己主張的な影響力に対するマライタ州の反発の一例と見ていた。これは、「民主主義のためのマライタ(M4D)」というグループ/運動の設立に象徴されるように、マライタ州が共産主義に対する民主主義のために戦っているということである。 しかし、これには、個人的な性格の違いや、中央政府や開発パートナーからの注目、支持、資源を集めようとする国内的な側面があります。これは、国内の政治的アクターが、国内の政治的な目的のために国際関係の問題を利用した場合です。これは、国際関係とはほとんど関係がなく、むしろ国内政治と関係があります。 開発パートナーの中には、この国内政治の渦の中に真っ先に飛び込んだり、その流れに身を任せたりしている者もいる。この場合、政治的なアクターは、国際的な援助を取り込み、国内の政治活動に利用したのである。彼らはまた、これらの援助のメッセージングをコントロールし、自分たちの政治的な物語やアジェンダに合うようにしている。このことを開発パートナーが認識しているかどうかはわかりませんが。 第二に、スイダニ氏の知事職に対する不信任案とその後の撤回をめぐる議論や出来事は、より広範な問題を提起しています。スイダニ氏がマライタの人々から広く支持されていることは間違いありません。また、一部のマライタ州議会議員が州の政治に干渉していることも疑いの余地はありません。しかし、今日の最大の犠牲者は、政治家やその支持者のエゴではありません。むしろ、最大の犠牲者は、法と適正手続きの尊重です。ここ数日と今日の出来事は、法とプロセスを無視した暴徒支配を認めることで、政治的な意見の相違を解決しても構わないという印象を与えています。 第三に、今朝アウキでこのような出来事が起こっている間に、チョイスル州では不信任案が提出され、現職の首相が退陣し、新首相の指名が開始され、月曜日に選挙が行われることになりました。Aukiで見られたような暴徒的なドラマはありませんでした。マライタ州とチョイスール州は違うと主張する人がいます。マライタ州とチョイスル州は違うのだから、チョイスル州と同じように法律や正当な手続きを踏むことを期待すべきではないと主張する人がいます。この主張には、マライタ州が他の州とは本質的に異なるため、法律やデュー・プロセスに従うことを期待すべきではないというマライタ州の例外主義があります。この論法は、暴徒的な要求や法律やプロセスの無視を、マライタの規範として期待し、受け入れるべきだということを意味しています。もしそうだとしたら、暴徒の支配を常態化させることで、マライタだけでなく、国全体に危険な前例を作ってしまったことになります。 国民の福祉を純粋に心配することが、法律や適正な手続きを曲げる言い訳になってはいけません。同時に、ソロモン諸島中央政府は、州政府への対応に注意を払うべきです。さらに、開発パートナーは、特にこのような超政治的な競争の時代には、どこにジャンプするか注意しなければなりません。 私の兄弟であるトランスフォーム博士は、対話のためにこの場を開いてくれ、私にそれを追加させてくれました。あなたのように、私も国や地域、そして世界のより良い未来を信じています。Gudfala naetとTagio tumasは、私の深夜の雑感に付き合ってくれました。今夜はカバはありません。
Tarcisius Kabutaulaka 私はPaul Barkerの記事を読んでいません。そのため、この記事は過去数週間と今日のマライタ州アウキでの出来事に焦点を当てているので、文脈に合わないかもしれません。しかし、会話のためにこの場を開いてくれたことに感謝。 マライタ州知事のダニエル・スイダニ氏が善意であり、マライタの人々の利益を第一に考えていることについては、トランスフォーム博士の言うとおりでしょう。また、スイダニ政権を弱体化させようとする協調的な努力についても、おそらく正しいでしょう。また、ソロモン諸島の国内政治に外部の利害関係者が影響を与えているという指摘も確かに正しい。 この問題は、さまざまなレベル、さまざまな次元で複雑に絡み合っているので、私からも補足させていただきます。 まず、国際政治と国内政治の交錯です。ソロモン諸島が2019年9月に中国との国交を樹立したことで、中央政府とマライタ州政府の間の行き詰まりが始まった(あるいは悪化した)。多くの人はこれを、中国の増大する自己主張的な影響力に対するマライタ州の反発の一例と見ていた。これは、「民主主義のためのマライタ(M4D)」というグループ/運動の設立に象徴されるように、マライタ州が共産主義に対する民主主義のために戦っているということである。 しかし、これには、個人的な性格の違いや、中央政府や開発パートナーからの注目、支持、資源を集めようとする国内的な側面があります。これは、国内の政治的アクターが、国内の政治的な目的のために国際関係の問題を利用した場合です。これは、国際関係とはほとんど関係がなく、むしろ国内政治と関係があります。 開発パートナーの中には、この国内政治の渦の中に真っ先に飛び込んだり、その流れに身を任せたりしている者もいる。この場合、政治的なアクターは、国際的な援助を取り込み、国内の政治活動に利用したのである。彼らはまた、これらの援助のメッセージングをコントロールし、自分たちの政治的な物語やアジェンダに合うようにしている。このことを開発パートナーが認識しているかどうかはわかりませんが。 第二に、スイダニ氏の知事職に対する不信任案とその後の撤回をめぐる議論や出来事は、より広範な問題を提起しています。スイダニ氏がマライタの人々から広く支持されていることは間違いありません。また、一部のマライタ州議会議員が州の政治に干渉していることも疑いの余地はありません。しかし、今日の最大の犠牲者は、政治家やその支持者のエゴではありません。むしろ、最大の犠牲者は、法と適正手続きの尊重です。ここ数日と今日の出来事は、法とプロセスを無視した暴徒支配を認めることで、政治的な意見の相違を解決しても構わないという印象を与えています。 第三に、今朝アウキでこのような出来事が起こっている間に、チョイスル州では不信任案が提出され、現職の首相が退陣し、新首相の指名が開始され、月曜日に選挙が行われることになりました。Aukiで見られたような暴徒的なドラマはありませんでした。マライタ州とチョイスール州は違うと主張する人がいます。マライタ州とチョイスル州は違うのだから、チョイスル州と同じように法律や正当な手続きを踏むことを期待すべきではないと主張する人がいます。この主張には、マライタ州が他の州とは本質的に異なるため、法律やデュー・プロセスに従うことを期待すべきではないというマライタ州の例外主義があります。この論法は、暴徒的な要求や法律やプロセスの無視を、マライタの規範として期待し、受け入れるべきだということを意味しています。もしそうだとしたら、暴徒の支配を常態化させることで、マライタだけでなく、国全体に危険な前例を作ってしまったことになります。 国民の福祉を純粋に心配することが、法律や適正な手続きを曲げる言い訳になってはいけません。同時に、ソロモン諸島中央政府は、州政府への対応に注意を払うべきです。さらに、開発パートナーは、特にこのような超政治的な競争の時代には、どこにジャンプするか注意しなければなりません。 私の兄弟であるトランスフォーム博士は、対話のためにこの場を開いてくれ、私にそれを追加させてくれました。あなたのように、私も国や地域、そして世界のより良い未来を信じています。Gudfala naetとTagio tumasは、私の深夜の雑感に付き合ってくれました。今夜はカバはありません。
Tarcisius Kabutaulaka 私はPaul Barkerの記事を読んでいません。そのため、この記事は過去数週間と今日のマライタ州アウキでの出来事に焦点を当てているので、文脈に合わないかもしれません。しかし、会話のためにこの場を開いてくれたことに感謝。 マライタ州知事のダニエル・スイダニ氏が善意であり、マライタの人々の利益を第一に考えていることについては、トランスフォーム博士の言うとおりでしょう。また、スイダニ政権を弱体化させようとする協調的な努力についても、おそらく正しいでしょう。また、ソロモン諸島の国内政治に外部の利害関係者が影響を与えているという指摘も確かに正しい。 この問題は、さまざまなレベル、さまざまな次元で複雑に絡み合っているので、私からも補足させていただきます。 まず、国際政治と国内政治の交錯です。ソロモン諸島が2019年9月に中国との国交を樹立したことで、中央政府とマライタ州政府の間の行き詰まりが始まった(あるいは悪化した)。多くの人はこれを、中国の増大する自己主張的な影響力に対するマライタ州の反発の一例と見ていた。これは、「民主主義のためのマライタ(M4D)」というグループ/運動の設立に象徴されるように、マライタ州が共産主義に対する民主主義のために戦っているということである。 しかし、これには、個人的な性格の違いや、中央政府や開発パートナーからの注目、支持、資源を集めようとする国内的な側面があります。これは、国内の政治的アクターが、国内の政治的な目的のために国際関係の問題を利用した場合です。これは、国際関係とはほとんど関係がなく、むしろ国内政治と関係があります。 開発パートナーの中には、この国内政治の渦の中に真っ先に飛び込んだり、その流れに身を任せたりしている者もいる。この場合、政治的なアクターは、国際的な援助を取り込み、国内の政治活動に利用したのである。彼らはまた、これらの援助のメッセージングをコントロールし、自分たちの政治的な物語やアジェンダに合うようにしている。このことを開発パートナーが認識しているかどうかはわかりませんが。 第二に、スイダニ氏の知事職に対する不信任案とその後の撤回をめぐる議論や出来事は、より広範な問題を提起しています。スイダニ氏がマライタの人々から広く支持されていることは間違いありません。また、一部のマライタ州議会議員が州の政治に干渉していることも疑いの余地はありません。しかし、今日の最大の犠牲者は、政治家やその支持者のエゴではありません。むしろ、最大の犠牲者は、法と適正手続きの尊重です。ここ数日と今日の出来事は、法とプロセスを無視した暴徒支配を認めることで、政治的な意見の相違を解決しても構わないという印象を与えています。 第三に、今朝アウキでこのような出来事が起こっている間に、チョイスル州では不信任案が提出され、現職の首相が退陣し、新首相の指名が開始され、月曜日に選挙が行われることになりました。Aukiで見られたような暴徒的なドラマはありませんでした。マライタ州とチョイスール州は違うと主張する人がいます。マライタ州とチョイスル州は違うのだから、チョイスル州と同じように法律や正当な手続きを踏むことを期待すべきではないと主張する人がいます。この主張には、マライタ州が他の州とは本質的に異なるため、法律やデュー・プロセスに従うことを期待すべきではないというマライタ州の例外主義があります。この論法は、暴徒的な要求や法律やプロセスの無視を、マライタの規範として期待し、受け入れるべきだということを意味しています。もしそうだとしたら、暴徒の支配を常態化させることで、マライタだけでなく、国全体に危険な前例を作ってしまったことになります。 国民の福祉を純粋に心配することが、法律や適正な手続きを曲げる言い訳になってはいけません。同時に、ソロモン諸島中央政府は、州政府への対応に注意を払うべきです。さらに、開発パートナーは、特にこのような超政治的な競争の時代には、どこにジャンプするか注意しなければなりません。 私の兄弟であるトランスフォーム博士は、対話のためにこの場を開いてくれ、私にそれを追加させてくれました。あなたのように、私も国や地域、そして世界のより良い未来を信じています。Gudfala naetとTagio tumasは、私の深夜の雑感に付き合ってくれました。今夜はカバはありません。