やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

中共政府のオンラインカジノ政策は米国への対応

Suncity listco says Alvin Chau to step down as CEO, warns of potential funding gap - IAG

サンシティ アルビン・チャウ氏のCEO退任による影響で資金不足の可能性を懸念 - IAG Japan

日本のニセコ、宮古島でリゾート開発を行う香港資本、そして上記の記事にある、中共マフィアの動きは、30年間太平洋島嶼国で見てきた、見慣れたものだ。特に、パラオのナカムラ政権とレメンゲサウ政権で展開されたオンラインパチンコ、オンラインカジノが政治家を巻き込みながら(逆かもしれない。パラオの政治家が越境犯罪を丸め込んだのかもしれない。)どのように展開しているのか、世界の諜報機関との情報交流の中で詳細を知ることとなった。

この中で中国政府がサンシティのアルヴィン・チャウを越境賭博で逮捕、というのは妙なニュースであった。なぜならば世界で繰り広げるオンラインカジノは中国人やアジア人が現地で違法滞在をしてながら人海戦術で行われるが、ある時突然中国当局がやってきて、即ち外国の法執行に立ち入って連れ帰るのである。これを逮捕強制送還ではなく、「保護」であると述べる専門家もいる。

英国のファイナンシャル・タイムズがこの件を取り上げていた。要は中国政府の米国叩きである。マカオのカジノは米国資本が多い。インド太平洋構想の視点からも重要だ。なぜオンラインカジノ?それは一帯一路を闇で支えるのがオンラインカジノと国際犯罪組織だから・・ 

以下、ファイナンシャル・タイムズの重要な箇所を抜き出して機械訳し、ざっと目を通してあります。

ーーー

Macau casinos gamble on relations with Beijing

Hit hard by the pandemic, operators in the world’s biggest gambling hub are facing scrutiny from the Xi government

Primrose Riordan, Chan Ho-him and Andy Lin in Hong Kong and Leo Lewis in Tokyo

 

9月にマカオの規制当局が賭博法の改正案を発表し、市場に衝撃を与えました。この改正案が原案通りに実施された場合、マカオと米国に上場しているカジノグループによる配当金の支払いは、マカオ政府の承認が必要になります。配当金の支払いを承認するための基準や、その実施方法については定められていません。
The mood has been further darkened after Macau regulators shocked the market in September by unveiling a proposed amendment to gaming laws which, if implemented as drafted, would make the payment of dividends by the local and US-listed casino groups subject to Macau government approval. No criteria was set out for authorising dividend payments or how it would be implemented.
この状況は、特に、大部分が米国資本である3つのマカオのカジノグループにとって厄介なものです。故シェルドン・アデルソン氏が設立したラスベガス・サンズ、MGM、ウィンの3社は、マカオで9つのリゾートを運営しており、その現地法人は香港で上場しています。また、地元のギャラクシー・エンタテインメント、故スタンレー・ホー氏のSJMホールディングス、米国と香港で二重上場しているメルコもコンセッションを保有しています。
The situation is particularly troubling for the three Macau casino groups that are largely US-owned: Las Vegas Sands, founded by the late Sheldon Adelson, MGM and Wynn operate nine resorts in Macau, and their local subsidiaries are listed in Hong Kong. Local operators Galaxy Entertainment, the late Stanley Ho’s SJM Holdings and Melco, which is dual-listed in the US and Hong Kong, also hold concessions.
マカオ当局は、市の財政をまかなうための税金をギャンブル部門に依存していますが、北京がこの業界に根本的な疑念を抱いているのではないかと危惧する人も少なくありません。新しい賭博法は、消費者の権利を強化し、中産階級にアピールするためと称して、習近平が「万人のための共同繁栄」政策を打ち出した後に発表された。
The authorities in Macau rely on the gambling sector for taxes to cover the city’s public finances, but many fear Beijing has a fundamental suspicion of the industry. The new gaming law was announced after Xi launched his “common prosperity for all” policy ostensibly to bolster consumer rights and appeal to the middle classes.
マカオ最大のジャンケット・グループSuncityのボスであるAlvin Chau氏は、中国本土の温州市が同氏を「国の社会秩序に深刻な損害を与えた」「国境を越えたギャンブルに関与した」として告発した翌日の土曜日に、同市の警察に拘束された。
Alvin Chau, the boss of Macau’s biggest junket group Suncity, was detained by police in the city on Saturday, a day after Wenzhou, a mainland Chinese city, accused him of “severe damage to the social order of the country” and involvement in cross-border gambling.
新法の基調を考えると、経営者が最も懸念しているのは、米国系カジノの運命である。マカオ大学のエリオ・ユー准教授(政府・行政学)によると、北京は必ずしも外国のカジノをなくすつもりはないが、米中の緊張が高まっている中で、本土の企業がアメリカのビジネスにもっと出資することを望んでいるのではないかという。"ひとつはっきりしているのは、外国のカジノにとって好ましい環境ではないということです。"
It is the fate of the US-owned casinos that has raised most concern for executives, considering the tone of the new law. It does not necessarily indicate Beijing intends to eliminate foreign casinos, but with US-China tensions high, they may want mainland companies to take a greater stake in the American businesses, according to Elio Yu, associate professor of government and public administration at the University of Macau. “One [thing that] is quite clear is that the environment is not favourable to the foreign casinos.”