やしの実通信

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

パラオの海洋保護と汚職と中国と

パラオの畏友、サンティ・アサヌマさんが多分命がけでパラオ政治家の汚職と中国の進出と戦っている。私にできるのは彼の意見を紹介することくらいだ。

2つの彼のコメントと彼を支持する1つのニュースをまとめたい。

一つ目は8月28日に発表されたオピニオン。5千ワード近くある。グーグル翻訳でもなんとなくわかる。重要と思われるところに下線を引いた。

汚職パラオの伝統文化ではない。

・ Attorney General Office and Office of the Special Prosecutor 司法長官、検事事務所が汚職公務員を検挙する義務を果たしていない。

環境保護のための基金が関係のない事業や関係のない出張費に使用されている。

パラオ汚職公務員から守ろう。パラオを再び安全な場所に使用。

BECHESECHUSEM EL OMERREDER (To Few Corrupted Leaders and the Smarts)
By Santy Asanuma

Let us not kid ourselves that common Palauan citizens do not know what corruption is. Some intellectuals and corrupted at that have the audacity (ng diak dektir ma rengir) to support elected leaders on radio talk shows and printed media to justify that it is okay for our elected officials to openly promote foreign businesses that they have vested interests in. This includes members of their immediate family or close kin (te kauchad). And they are deliberately trying to violate our minds and sway the public to accept that this behavior is acceptable in their twisted logic and philosophies.

In traditional Palauan society, they diplomatically coined a phrase for corrupted leaders who are looking only for their own interests and are very conning (kmal cheblad) in doing such undertakings in the community. The phrase ‘besechusem a chimam’ is literally saying that your hands are dirtied and/or smell, especially of cooked fish. This implies that the person is either involved somehow and/or the guilty party in the matter at hand. As such, the person should shut up and/or remove himself from the situation entirely (mo cheroit er ngii). Palauan traditional society does not even tolerate the appearance (a di osenged er ngii) of wrongdoing. This will suffice for sanction (blals) including to the point of removal from the ‘bai’ (council of traditional leaders).

The problem is many elected leaders today are literally getting away with murder because the prosecution, which is the work of Attorney General Office and Office of the Special Prosecutor, are for some reasons not doing their jobs in going after corrupted government officials. And not all government officials are corrupted. But some have multiple violations of laws but are not being penalized or punished for unknown and at best weak reasons. As a result, this has given the impression to the public that crooked government officials are above the law.

Palau has the Code of Ethics Law and various laws that can be used against corrupted elected leaders and government officials both in national and state governments. In fact, the appearance of improper conduct or use of public of office for personal interest is a crime. It is high time that we the citizens make a law through popular initiative as provided in the constitution to make this crime a treason against the nation and people of Palau. And for such people not be allowed to ever work either directly or indirectly for any public office both in the national or state level.

Elected and government officials committing corruption should be given no less than the “medobech a dekelel” (to be ostracized and/or exiled) to show our strong sentiment (rengud) toward this unacceptable selfishness and malice (kikeongel lomeruul) against Palauan society. These type of corrupted elected leaders and government officials should be given the highest punishment because they swore on oath to protect and promote the interests of Palau over everything else including their own. So when they disregard our country and only look out for their self-interests, it is a violation of public trust and betrayal against Palau as a whole society.

There is a reemergence (luuta el mocha rengii) carelessness in use of public funds and office almost like in the 1980’s to early part of 90’s because nobody is being penalized or punished in recent years. Through the coconutnet in the country, suspicion among the people runs high on flagrant abuse of public funds like the PAN money being used for non-environment projects. There is a notable increased on all expenses junket trips plus per diem in recent years that have no direct connection to development plans or real benefit to the tax payers. Money is being spent for the shake of spending but no improvements on the life of the people.

The popular initiative should be worded that such corruption is a treasonous crime against the nation and people of Palau and should be chopped down. It should be rebuked with disgust as rape that violate only the victim but in this case it violates the entire community’s public trust which is a critical element for smooth running democratic society. Corrupted government officials are evil people and should be given that label without restraints (kirel el diak dolengmes er tir er a delengerngerir). The penalty of minimum jail time of ten years should be set without parole or reduction in prison term and be made to pay back whatever money they illegally spent. We have to kill corruption at its stump (ke di nguu er a olemelel).
(Ngarker Olbechel, Tia Belau, 27 Aug 2018)

 

2つ目は9月19日に発表されたもの。お金とは何か?これも哲学的ですが非常にシャープです。同じく重要と思われるところに下線を引きました。

・持つものと持たざる者。お金がその二者を分ける。しかし持つものが彼らの利益を追求するためにパワーを持つ時に限ってお金は意味を持つ。(和訳間違っているかも?)

パラオの文化・価値観がそのお金の前に崩れてきたかもしれない。先祖代々の土地をお金と交換できますか?家族は個人より重要ですか?

・世界中、特に太平洋で中国人が大金の入った袋を持ってこの伝統的が価値観を崩壊させている。

・ キャンベラ、ウェリントン、ワシントンDC、台北、北京。お金をありがとう。私たちを貧しさから救いたまえ。これが私たち子孫たちに祈らせたい事ですか?

NGUIBES ER A UDOUD (Pacific Island Prayer for the Love of Money)
By Santy Asanuma

Even the poor love the idea of having, if not enough, more money they can spend on what they need or want in life. Let us get one fact straight before we go on. Money and those who have it or have the power to distribute it do not want it to be plentiful or in excess like the leafs on trees. You see money is meaningful only to those who are in power to use it to promote their interests. And they do not want everybody to have too much of it. Money in its essence is to separate the haves and the have nots. In cynical terms, this is a class struggle for the haves to always have the advantage over the have nots.

The way we have form our modern society is based on this relationship. Those who do not have it are willing to work for it in exchange for their time and services. Very few of us work for the love of work today. In fact, if you take away the pay from most of us doing the work that we do today, most if not all, will walk away from that job. Of course, we have to buy our daily life needs not only to survive but to live comfortably. Without money, life as we live it today seem impossible or we are forced to live like homeless or beggars.

With this becoming more pressing reality of life for Palau, many people are beginning to weaken on their principles like one’s ancestral land cannot be bought with any amount of money or Palauan pride has no price tag on it or the reputation of my clan is way more important than my individual interest. People or kinship are more important than money. Really? Do Palauans today still believe in these? Because in our traditional society, money is less significant than people. Money like everything else in life is only a product by us which can be created or earned through one’s effort.

When we lose sight of what are really important in our life and put money as the ultimate goal then we have put ourselves in a very vulnerable (ke de mla mo er sel kmal lokedeldaol kung) position because those that have money can do whatever they want with us. In this situation our dreams and our wishes as people would not see the light of day because those that want our lands do not share the same beliefs or value our history or where we came from as a people. History has many examples of this where a different group of people take over another country through war and suppress its people to the point of their extermination (mengitechut malechub e ng tulukngemed er tir).

Most of us do not believe that this is possible while seeing the evil dollar diplomacy come back and done openly and aggressively than ever before by those who have more of it in the name of altruism. You see this is where principles come into the picture to help a group of people and their country stand their ground on what is more important in life than money. We see it around the world, especially in the Pacific region, that China is holding a bag full of money in our faces and tempting us to do away with our principles which in most case affect the cradle (omkedecheraol) of our culture and society as a whole. The following prayer in irony (ng ko ra oltobedechur malechub e ng klebelung) is being posted in the social media.

PACIFIC ISLAND PRAYER
Our Fathers and Mother, who art in Canberra, Wellington, Washington DC, Taipei and Beijing; hollowed be thy policies; thy aids and loans come; thy will be done in the Pacific Islands; as it is in Canberra, Wellington, Washington DC, Taipei, and Beijing; give us this day; our daily aids and loans; forgive our mismanagement; as we forgive our corrupt politicians; lead us not into poverty; but deliver us; from your domination. Amen. Is the prayer you want our children to be praying in the future?
(Ngarker Olbechel, Tia Belau, 19 Sep 2018)

 

最後はパラオの盟友Ongerung Kambes Kesoleiの記事。彼はレメンゲサウ大統領に近く、大統領批判になる事は書かない。その彼が批判記事を書いているというのは相当な危機的状況である、という事だ。 

一番重要なのは下記の部分であろう。レメンゲサウ大統領が海洋保護区法案や、海底通信ケーブル、その他インフラのリフォームの法案を通すために、影響力あるそして中国との国交を進めようとしている上院議員 Hokkons Baules,と、Sabino Anastacio (Speaker of the House of Delegates)との妥協を進めることとなった。レメンゲサウ大統領が海洋保護区法案を強引に可決した背景にはこれを支持する日本財団の存在があったことをここに書いておきたい。私が財団内で何度も反対し、2つ目の博論で海洋法を選んだ理由である。

”But this marriage based on political convenience hasn’t always fared well with Remengesau. Eager to avoid trouble with his political allies, he has given way to legislative bullies to run roughshod over his appointees and administration officials.”

www.pacificnote.com

2017年Sabino Anastacio氏と蔡総統の熱い握手はなんだったのか?政治、外交の現実。笑いながら握手して別のことを謀る。。

english.president.gov.tw

 

 

高野重好氏「青年海外協力隊員としてパラオに行ってきます」より(2)

1月経ってしまいましたが、パラオ柔道の始祖高野さんの記録から、少しづつご紹介しています。

青年海外協力隊員としてパラオに行ってきます

要請主義の日本のODA。高野さんがパラオに呼ばれたのは下記のパラオ政府からの要請があって。

『派遣要請理由:公安局スタッフ(刑事、警察官、刑務官など)は法秩序を守るために犯罪取締やパトロール業務などを行っているが、この様な業務において暴力などの危害を受けるリスクを常に持っている。スタッフは前記危害から自ら身を守る術、護身術を習得すべきであるが、現在のところ護身術を教える人材がパラオにいない。そこで、公安局スタッフに柔道による護身術を教えながら、将来的に柔道(護身術)指導ができる人材の育成が可能な隊員の要請に至った。』(配属省庁名:法務省(Ministry of Justice) 勤務先名:公安局(Bureau of Public Safety) 地位:護身術(柔道)トレーナー(Self-Defense(Judo)Trainer)

現在は笹川平和財団の支援もあって、それに刺激された米国、豪州の支援も重なりパラオ法執行官の訓練は以前よりさらに厳しくなったようです。残念なニュースですが53歳の法執行官が最近訓練中にお亡くなりました。

http://islandtimes.us/law-enforcement-academy-cadet-dies-in-training/

 

話が逸れました。パラオの友人ジェニファーからパラオ柔道キッズを支援してと依頼があり、どういう人が関わっているのか気になりました。闇だらけのパラオ。日本からも怪しい人たちが入り込んでいます。

高野さんは大学生時代、なんと家賃700円の下宿生活を楽しんでました。私は3万円だったぞ!負けた!

「一ヶ月の家賃が700円、一日3食付いていた食事代が350円という超格安で、今では考えられないようなお金で生活していました。6畳二人部屋の学生寮で、食事のメニューは今でも覚えています。月、水、金の朝食はご飯と卵とみそ汁の3点セットで、火曜と木曜はご飯とふりかけとみそ汁の3点セットでした。安さの代償として、夜の12時から食器洗い当番が回ってきたり、残飯の処理をしたりしていました。年中敷きっぱなしの布団とちゃぶ台兼勉強机でこれも年中出しっぱなしのこたつ。家賃と食費の安さにはホント助けられた思い出…」

こういう方が関わっているパラオの柔道。前向きに支援しようと思いました。そして「支援しなければならない」と決定的に思ったのは、神戸地震で高野さんはお父様を亡くされいる事が書かれていたからです。しかもお父様は崩れ落ちる家を背中にお母様を守った。今この文章を書くために読みかしていたのですが、涙が出てきます。高野さんはサラッと書いていますがこの事が高野さんの人生を変えたと私は思っています。

高野さんにお会いしたくなり、連絡をしました。そして今こうやって「パラオ柔道キッズ支援の輪」として小さな活動ですが継続していることを嬉しく思います。

 

七人の侍ならぬ七つのADB事務所 ー 安倍政権島サミット評価

f:id:yashinominews:20180921110517j:plain

安倍政権の第8回島サミット、端っこの方で関わらせていただいた当方としてはどんどん成果が出てきてこんなに嬉しいことはない!

昨日見つけたADB関連のニュース。

ADB ramps up Pacific presence as aid donors jostle for influence

7つの太平洋島しょ国に新たにアジア開発銀行事務所を開設。2020年までに4千億円程度の事業を展開。
クック諸島ミクロネシア連邦キリバスマーシャル諸島ナウルパラオ、ツバル。そしてサモアソロモン諸島、トンガ、バヌアツもこれらの支所がカバーする)

実はアジ銀の太平洋版をというのは渡辺昭夫先生が主張していたことだ。(渡辺先生は当方の2つ目の修士の指導教官で、私がその修士を取得した後に、私が担当する笹川太平洋島嶼基金運営委員会にお招きした)私は島しょ国にお金出しても管理できない、とか言って反対した記憶がある。しかしアジ銀の事務所が現地にオフィスを構えるのであれば監視体制ができて逆に法遵守なんかしない太平洋島嶼国にとっても良い影響があるかもしれない。
それに、インフラ支援しないと中国がやってくるのだ。事務所開設は良いアイデアだ。応援したい。

ところで、七人の侍ならぬ七つのADB事務所。黒澤映画の七人の侍は最後志村喬の勘兵衛が「勝ったのはあの百姓たちだ、儂たちではない」と言ってかっこ良く去っていく。七つの ADB事務所はずーっといた方が良い。それはただ小島嶼国の規模のキャパシティに限界があるからなのだ。

 

日本北マリアナ諸島協会設立

f:id:yashinominews:20180921092738j:plain

Courtecy of Mr Junhan B. Todiño
Norman T. Tenorio, seated, second right, with the other officers of the newly formed Japan-NMI Descent Association pose with Japan Consul Kinji Shinoda and family members of local residents who are of Japanese descent at the Japan Consulate. Photo by Junhan B. Todiño
北マリアナ諸島に日本ーマリアナ協会がこの7月に設立された。
会長のNorman Takai Tenorio氏は
「日本との歴史的絆を強化したい。日本人の血を引く人だけでなく関心のある人にはオープンです。政治的なグループではありません。」とインタビューで答えている。
1914から1944年まで北マリアナ諸島は日本統治領であった。
サイパンに長く住むNoriyasu Horiguchiさんは、世界中に日系二世が作った組織はあるが北マリアナ諸島にはまだ1世が多くいる、と語る。Dr. Ignacio Dela Cruzは日本にいる親戚に会いたと思っている日系人も多いと。
David M. Sablan氏は、1980年代は多くの日本からの投資でホテルが建設され感謝していると。。
そうです!バブルの日本は1980年代に北マリアナ諸島に多くのホテルを建てた。これで北マリアナ諸島の経済は潤った。しかし、1990年代HISという旅行会社が先頭だったと思うが過当競争が始まったのだ。サイパン2泊3日が19,800で売り出されていたのを覚えている。そして日本の旅行業界は自ら首を締めることに。日本のホテルは相次いで閉鎖した。北マリアナ諸島政府は破産。
そこに、タンファミリーと米国議員と中国マネーが主導するカジノ、繊維工場、売春が入り込んだのだ。
このような背景を、そして戦争の記憶と現在の日米同盟を、さらに最近の事件として日米分断を謀るアメリア・イアハートの一件を知る当方にとってこの日本北マリアナ諸島協会の設立の意味は計り知れないほど大きい。

『ドイツ植民地研究』栗原久定著 (読書メモ)6・7章

6・7章は太平洋諸島と膠州湾。

f:id:yashinominews:20180910061224j:plain

太平洋諸島は知っている地域なだけな疑問に思う箇所が多かった。引用資料が示されていないので確認できないが、特に価値判断の箇所は誰かの見解なのか、著者の理解・見解なのかが示されると良いと思った。

具体的にはヤップの海底通信などはドイツは米国と対抗したのではなく組んだのではないか。だからこそワシントン会議のヤップ協定は同会議の主要議題であった。そして日本の統治で島の人々の生活が悪化したと書く根拠が示されていないのが残念だ。色々な見解があって良いと思うがその根拠は重要だ。

膠州湾の章も日本との関係で疑問に思う箇所があった。特に玄洋社関連を読んできたので中国への日本の影響と言うのは少なくとも押し付けではなく、中国から日本に留学生が何千人と押し寄せ来たのでそれに応えただけではないか?

ドイツの植民を網羅した大作なので全てに完璧と言う訳にいかない。また全ての文章の引用先を示すことも難しいのだろうが、逆にこれだけの大作なので、引用先が示されると検証ができ、さらに有効な資料になると思った。

SAR 条約(自分のためのメモ)

1979年の海上における捜索及び救助に関する国際条約

http://www.houko.com/00/05/S60/005.HTM

 

International Convention on Maritime Search and Rescue

https://treaties.un.org/Pages/showDetails.aspx?objid=08000002800d43b3

 

 

平成11年版海上保安白書 第2部 第9章 海上保安に関する国際活動  より

 (4) アジア太平洋地域における捜索救助(SAR)体制の確立

 近年、IMO等において、国際的な捜索救助体制を確立するための努力が続けられている。
「1979年の海上における捜索及び救助に関する国際条約」(SAR条約)(昭和60年6月我が国について発効、10年12月末現在締約国数60か国)は、海上における遭難者を迅速かつ効果的に救助するため、沿岸国が自国の周辺海域において適切な海難救助業務を行えるよう国内制度を確立するとともに、関係国間で協力を行うことにより、究極的には、世界の海に空白のない捜索救助体制を作り上げることを目的とするものである。
 我が国は、同条約の勧告に基づき、船位通報制度を導入したほか、ヘリコプター搭載型巡視船の整備等国内的な捜索救助体制の充実を図る一方、隣接諸国とのSAR協定締結等により国際的な協力体制の確立に努めている。
 今後ともSAR条約締約国の捜索救助機関との連携を深めていくとともに、非締約国に対しても、SAR条約への締結促進の働きかけを行い、IMOの活動を支援するなど、世界的な捜索救助体制の確立に向けて国際的な協力を強力に推進していくこととしている。

   ア 隣接国とのSAR協定

 SAR条約は、締約国に対して、関係締約国及び隣接国との間で捜索救助区域の設定、捜索救助に関する適当な措置について合意をするよう要請している。こうした捜索救助に関する協定の締結等により、お互いの責任分担が明確になるとともに、捜索救助に関する協力が促進され、効率的な捜索救助が可能となる。
 このため、我が国は、米国との間で、昭和61年12月に「日本国政府アメリカ合衆国政府との間の海上における捜索及び救助に関する協定」(日米SAR協定)を締結し、我が国が捜索救助活動の調整に関し必要な責任を負う捜索救助区域として、本邦から1,200海里に及ぶ広大な海域を担当することとなった。さらに、元年1月に海上保安庁と米国沿岸警備隊との間で具体的な協力方法等について定めた「日本国海上保安庁アメリカ合衆国沿岸警備隊との捜索及び救助に関する協力のための指針」を作成し、日米SAR協定の円滑な実施を図っている。
 なお、日米SAR協定については、10年9月の改正により、これまで日米双方の捜索救助区域として重複していた北緯17度から21度までの海域について、日本の捜索救助区域とすることとなった。
 ロシアとの間では、昭和31年、旧ソ連との間に締結された「海上において遭難した人の救助のための協力に関する日本国とソビエト社会主義共和国連邦との間の協定」(日ソ海難救助協定)に基づき捜索救助に関する協力を行ってきたところであり、6年7月には「海上における捜索及び救助に関する日本国海上保安庁ロシア連邦運輸省海運局国家海洋救助調整本部との間の協力のための指針」を作成し、両国間の協力の一層の促進に努めている。
 また、韓国との間では、2年5月、SAR条約の趣旨に沿った「日本国政府大韓民国政府との間の海上における捜索及び救助並びに船舶の緊急避難に関する協定」(日韓SAR協定)が締結されているが、7年9月に韓国がSAR条約に加入したことを踏まえ、今後、捜索救助に関する両国のより一層の協力を図ることとしている。
 なお、中国との間においても、SAR協定を締結するため実務者による協議を行っている。

 

3.1.9 Parties shall co-ordinate and co-operate to ensure that masters of ships providing assistance by embarking persons in distress at sea are released from their obligations with minimum further deviation from the ships ́ intended voyage, provided that releasing the master of the ship from these obligations does not further endanger the safety of life at sea. The Party responsible for the search and rescue region in which such assistance is rendered shall exercise primary responsibility for ensuring such co-ordination and co- operation occurs, so that survivors assisted are disembarked from the assisting ship and delivered to a place of safety, taking into account the particular circumstances of the case and guidelines developed by the Organization. In these cases, the relevant Parties shall arrange for such disembarkation to be effected as soon as reasonably practicable.

 

 

堀井巌外務大臣政務官(総理特使)の太平洋諸島フォーラム(PIF)域外国対話出席

北海道で地震にあった日に見つけた堀井巌外務大臣政務官(総理特使)の太平洋諸島フォーラムPIF)でのスピーチである。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000395564.pdf

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000395565.pdf (英文)

特に下記の部分だ。

「また,国際社会の一致した行動が求められる北朝鮮問題についても, 海洋安全保障分野の協力が大きな意味を有しています。特に,太平洋島 嶼国の船舶が「瀬取り」等の安保理決議に基づく対北朝鮮措置の「抜け穴」 として利用されることを防ぐことは極めて重要であり,この観点から,PIF北朝鮮関連船舶の船籍剥奪へのコミットを歓迎します。日本としても,南太平洋大学と共に太平洋島嶼国各国政府関係者を対象として,こうした措置の完全な履行のための能力構築のための研修を実施します。」

”Cooperation in the field of maritime security also has a significant importance in regards to the North Korean issues which requires united action by the international community. In particular, it is extremely important to prevent the Pacific Island Countries from being used as "loopholes" for sanctions such as "ship to ship transfer". In this light, Japan welcomesthe PIF’s commitment to de-register North Korean related vessels. Also, Japan will offer capacity building training for implementation of sanctions on North Korea, targeting government officials in the Pacific Island Countries, together with the South Pacific University.”

私が昨年からしつこく訴えてきた太平洋島嶼国の便宜置籍船ビジネスと北朝鮮の話が、明確にしかも具体的に述べられている。地震のせいで朦朧としていたため、評論家の江崎氏に確認してしまった。ついでに言うと日本財団笹川陽平氏から嘘つき呼ばわりされた件である。

太平洋島嶼国が北朝鮮と関係があるなんて太平洋島嶼国を小国を知らない人は想像もできない。外務省がまた潰すと思っていたが今回は違った。官邸も調べたのであろう。

ところで太平洋島嶼国は一向に改善するつもりはないことは以前パラオの便宜置籍船がミャンマー南部のマルタバン湾を一月以上も乗務員を載せず徘徊していたニュースの通りだ。今回のフォーラム総会にレメンゲサウ大統領が参加していない理由がわかる。

yashinominews.hatenablog.com

 

初めての札幌ー台風・地震・中国人そして国際法学会と北大文書館(4)

初めての札幌。主要目的の国際法学会と北大文書館の記憶がなくなってしまいそうなほど大きな経験が今回の地震だ。

学会の後に北大文書館を訪ねる予定で、初めての札幌は1週間の滞在となった。そこでゲストハウス、という安宿を取った。ホテルではないので、個室ではあるがトイレやシャワールームは共有だ。

そのホテル、なんと昨年中国から来たばかりの中国人が経営するゲウスとハウスであった。札幌に土地を買い、ビルを建て、会社を作り、お嫁さんの家族まで引き連れて来ている。北海道が中国資本に侵入されているのはメディアで聞いていたがまさか自分がそこに泊まるとは!

宿泊客も感覚的に90%が中国人!

そこにあの大地震地震対応、地元とのネットワークもなさそうな中国人オーナーは明らかにパニック状態だった。最新式のトイレは電気がないと流れない。レバーがどこにあるか調べるように私から指示を出した。NTTで携帯のバテリーを無料で提供している事とか、こちらから色々と教えてあげる状況であった。

後でホテルに泊まられた坂元教授から伺うとホテルがしっかり炊き出しをしてくれたり地震の後の宿泊代はなしにしてくれたり、とサービス業として当たり前のサービスがあったようだ。

長居は無用と判断し、自力で地震当日の船便、舞鶴へ向かうフェリーの最後の一室を奇跡的に確保し家路に着くことができた。

さて、この北海道の中国人。日本人だって世界中に進出しビジネスを展開している。何が違うのか?例えばパラオ東急リゾートさん。パラオ社会との対応に相当なエネルギーを費やしていることを伺っている。私が泊まったゲストハウスの中国人オーナーは北海道の同業者との交流はあるのであろうか?地震でキャンセルになった2泊のお金は返してくれないという。そういえば領収書もくれなかった。

初めての札幌ー台風・地震・中国人そして国際法学会と北大文書館(3)

初めての札幌。目的は国際法学会の参加と北大文書館だった。

しかし台風と地震でその主要目的の記憶が薄れてしまいそうなのでメモしておきたい。

国際法学会は東北大学の西本博士の発表がメインの目的であったが、他の発表も興味深かった。特に外務省の中堅幹部の現場の報告だ。非拘束文書の外交的意味など学会でなければ聞けないだろう。

そして今でも頭から離れない発言がある。村瀬信也教授の質疑応答でのコメントだ。

20世紀が海洋法条約であれば、21世紀は大気法条約を太平洋島嶼国のどこかから、パルド演説のような演説をさせて立法化させたい、という内容だった。(私が村瀬教授の発言を誤解している可能性もあります)さらに村瀬教授は「国連の国際法は小国を守るためにある。」というような事も言われて、これもそうなんだろうな、と思いつつも背筋が凍りついた。

(国連の国際法は、小国の何を守ろうとしたのか?パラオの子供達が麻薬に手を出す環境を作ってきたのだ。海洋法条約は小島嶼国を誕生させたが彼らの何が守られたのか?自決権の結果は恐ろしいものなのに。)と心の中で思い村瀬教授に小国の現実をどれだけご存知か伺ってみたいとさえ思った。村瀬教授は長年中国の大学で勤められていたという事である。