やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

トンガ元首相無罪主張ー中国人へのパスポート販売

トンガの、ツイバカノ元首相が15件の無罪を主張している。これは結構ショックなニュースだ。太平洋島嶼国みんなやっているのだ。それが明確に表に出た事がショックだ。 15件の内容を見るとほとんどが中国人へのパスポート販売。これで数百万から数千万円も…

着々と自由を侵害される香港ーヘンリージャクソン研究所報告書

MI6とファーウェイの件でTW友達になったJohn Hemmings博士が紹介していた報告書である。出版日が香港のデモと重なっているのは偶然とは思えない。 henryjacksonsociety.org https://henryjacksonsociety.org/wp-content/uploads/2019/06/HJS-Hong-Kong-%C2%A…

香港問題に関する英中共同声明

昨晩からの香港でのデモが気になっている。 香港が中国である以上、中国の国内問題だが、デモ参加者達は外国政府に国際法上の支援の可能性を呼びかけている。 香港の事を何も知らないが、後藤新平が台湾統治をする際にお手本にしたのが英国の香港植民である…

太平洋島嶼国EEZと人口、GDP, 陸地の比率

月末の学会発表資料。博論にも使えるから統計作業やりました。 もう今日は何もしない。 太平洋島嶼国・地域+日米仏中 のEEZと人口、GDP、陸地の比率を表にしました。 以前は日本とパラオ、キリバスだけ作成。日本が人口一人当たり東京ドーム1つ分の EEZに…

正論サロン終了しました。

あれは高熱で唸っている4月の夜だった。大阪正論室長の小島さんから電話があったのだ。正論サロンで講演してくれないか、と。 翌日、着信記録があったのであれは夢ではないと思いつつ翌々週あたりに小島さんからまた連絡があるまで、確信が持てなかった。聴…

女王様のインド太平洋構想はいかに?

thediplomat.com 「英国のインド太平洋戦略はいずこ?」という記事がThe Diplomatから出た。 そこには、5月末にシンガポールで開催されたシャングリラ対話では米国が、そしてフランスが対中路線を明確にし、それぞれパンチの効いたインド太平洋構想を表明し…

日本はどのようにパラオの統治を開始したか?

、 先日、大手新聞社の幹部と話す機会があり、パラオの話になった。 幹部「確かにパラオの人たちは日本人を意識して話している感じがしますね。」 私「あのですね。島の人のイエスは10の段階があるのです。ノーを意味するイエスから本当のイエスまで。こっ…

矢内原の南洋群島研究とイアハート事件

2年前、米国の伝説の女性飛行士アメリア・イアハートをめぐるフェイクニュースの件で少し動いていた。 今日別件で矢内原の南洋群島研究の本をパラパラみていたら、上記の見覚えのある写真が出て来た。ここにあげた写真は写真集のもので船の説明はないが、矢…

シュタイン博士の社会王権論と天皇制度

明治天皇皇后両陛下は、両陛下の名代でウィーンに行きシュタインから学んできた藤波言忠から33日間講義を受けた。社会王権論も学ばれたのではないだろうか。 同志社大学、阿川尚之先生の米国関連の授業を聴講したら、マルクスの共産主義宣言が最初のテキスト…

ダブ・ローネン『自決権とは何か』ナショナリズムからエスニック紛争へ(3)

ダブ・ローネン『自決権とは何か』ナショナリズムからエスニック紛争へ 本書は以下の6章で構成されている。 第1章 自決の外観 第2章 5つの政治的表現 第3章 基本への回帰 第4章 四つの事例 第5章 現代国家と国際システムへの示唆 終章 将来の展望 第1章の…