やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

太平洋のウクライナ問題-スーパーヨットアマデア号と米国の司法権

楽園の太平洋には中国だけでなく、ロシアの影も色濃く存在する。 この度のウクライナ問題に関連し、ロシアのオリガルヒが米国(とプーチン?)の制裁を避けるために、小島嶼国の主権の傘に逃げようとする動きがあった。 今回はフィジーに寄港したスーパーヨ…

QUADー中国からマグロを守る - Protecting Tuna from China

明日24日に東京で開催されるQUADの主要議題が米国政府高官からの情報としてFinancial Timesから発表された。QUADが中国から魚を守るのである。違法操業監視を中心とする海洋構想だ。 `Quad’ security group plans system to track illegal fishing by China …

シングルマザーが育てた豪州首相アルバネーゼ

2022年5月21日に行われた豪州総選挙でケヴィン・ラッド以来の労働政権が成立することとなった。ここで重要なのは24日のQUAD東京会議に誰が出るか、だがアルバニーゼ次期首相は23日に宣誓し、24日には外相になるペニー・ワン議員と日本に来るとのこと。 2008…

米軍が故意に破壊した Koror: The Little Tokyo

Whenever I come into contact with discourse that nostalgically glorifies Palau and other former Japanese colonies, I feel a bias. However, through the writings of Mr. Lee Teng-hui of Taiwan, and through my study of Goto, Nitobe and Yanaiha…

パラオ海洋ガバナンス:Anastacio議長の反論

I am writing on the subject of Ocean Governance in Palau. I launched it in 2008 (even getting the Presidents of the three Micronesian countries and US Assistant Secretary of State Chrisopher Hill to move it!) The Micronesian Maritime Secur…

パラオ海洋ガバナンス:大統領怒る叱る Palau Ocean Governance: President Angry Scold

Whipps scolds media for its one-sided coverage of his Blue Prosperity Plan. - Island Times I would like to write for a while under the title "Palau Ocean Governance." I have been preoccupied with the Solomon Islands for the past few months…

Refuting the prejudices of Australian scholars

Japan and the Pacific—introducing PALM - Griffith Asia Insights I don't know of many examples of Australian scholars writing well about Japan, but this is a terrible piece of writing. Japan's Pacific aid in 2000 was $239,122.50 USD, but th…

マクロン政権下のニューカレドニアの将来

Pro-Macron parties in New Caledonia plan merger | RNZ News インド太平洋、ニューカレドニア、仏領ポリネシアを意識したマクロン政権の再選は、独立問題で未だ揺れているニューカレドニアにどのような道筋を与えるのか? ニューカレドニアの反独立派の4…

「中国の国家と秘密結社」"The State and Secret Societies in China"

パラオに関与したおかげで、中国のマフィア組織「三合会」に詳しくなってしまった。知れば知るほど奥が深く、引き込まれて行く。情報は・・かなり中国語で公になってる。それは三合会自身によるプロパガンダの部分が多い。そして弱者の味方、民衆の味方とし…

『ナショナリズムの発展』EHカー(再読)

2018年に読んで再読したいとおもっていたEHカーのナショナリズムの発展。 1、ナショナリズムの極点 2、国際主義の展望 で構成され、後半は読んでいなかった。 1945年、戦争が終結する頃の世界秩序を議論している。カーは小国の存在を批判的に見ており、そ…