やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

2021-10-18から1日間の記事一覧

パラオが再び三合会の巣窟に?パラオ議会オンラインカジノ法案可決、か?

Online gaming bill resurrected by HOD - Island Times 以前から提案した日本パラオ友好協定、設置提案を作成したいと思います。 なぜか? 今パラオ上院議会でオンラインカジノ法案が議論されています。添付した記事は下院で通過したとの内容です。可決すれ…

太平洋島嶼国と台湾

現在台湾を支持する国家は15カ国。太平洋島嶼国ではパラオ、マーシャル諸島、ナウル、ツバルが残っている。ウィップス大統領がインタビューで明らかにしていたが、中共政府は "the sky is the limit"と言って台湾を切る事を説得したそうだ。 パラオ、ツバ…

パラオ、ウィップス政権の法機構改革(4)

WIOA Investigation still ongoing - Island Times islandtimes.org 米国国務省がカクテルパーティの席とはいえ、パラオを日本に返したい、と冗談半分で言う気持ちもわかる事件。 今回のコロナ対策で米国から50億円前後の支援が出ているのだがパラオ国内でそ…

AUKUSを巡る米領サモアの役割

米領サモアの女性国会議員、アマタ議員が米領サモアは米豪の軍事協力上、重要な拠点になる。そのために病院の整備を、と訴えている。 昨年パラオのレメンゲサウ大統領が米軍に来て欲しい、と手紙を出したが、太平洋島嶼国はだいたいに置いて軍の進出を歓迎。…

パラオ、ウィップス政権の法機構改革(3)

これもウィップス政権法改革の一環と捉えてよいであろう。 以前であればおとがめなしで見過ごされていた麻薬密輸。誰もがやっていたことのようだ。 パラオ社会皆んな親戚で皆んな知り合いです。しかし今回は司法取引をして徹底的に調べ上げる覚悟が見える。 …