やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて35年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

中曽根首相安倍晋太郎外相の島嶼国訪問

誰かが、最初に太平洋島嶼国を訪問したのは倉成正外相であると嘘の情報を発信して、それを信じた海外の記事が出ている事に驚いた。

この事実を書き留めて起きたと思いつつ、1年近く経ってしまった。

最初に太平洋島嶼国を訪問したのは安倍晋三氏の父、安倍晋太郎外相である。

1985/1/25の文書を見つけた。

I was surprised that someone sent out false information that it was Foreign Minister Tadashi Kuranari who first visited the Pacific island countries, and that some foreign articles believed this.

It has been almost a year since I thought I had written down this fact and woke up.

The first person to visit the Pacific island states was Shintaro Abe, Foreign Minister and father of Shinzo Abe.

I found a document dated 25/1/1985.

外交演説 / 安倍晋太郎外務大臣 / 第102回(常会) - データベース「世界と日本」

***

内閣名] 第72代第2次中曽根(昭和58.12.27〜61.7.22)
[国会回次] 第102回(常会)
[演説者] 安倍晋太郎外務大臣
[演説種別] 外交演説
[衆議院演説年月日] 1985/1/25

私は、今般総理とともに、豪州、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィジーの大洋州四カ国を訪問いたしましたが、この訪問は、我が国とこれらの国々との間の関係強化に大いに貢献したものと考えます。我が国としては、今後とも、大洋州諸国との友好協力関係の一層の増進を図っていく考えであります。”

****

安倍晋太郎外相が同行したのは中曽根総理である。外務省のウェブにその詳細がある。

Foreign Minister Shintaro Abe was accompanied by Prime Minister Nakasone. Details of this can be found on the Ministry of Foreign Affairs' web.

2.我が国と大洋州諸国との関係

(3)パプア・ニューギニア(PNG)

84年の日・PNG関係は全般的に順調であったが,往復貿易額は対前年度比若干減少した(約8%)。

経済協力は技術協力分野を中心に進められた。85年1月の中曽根総理大臣のPNG訪問時,ソマレ首相との会談において「道路建設計画」に対する円借款供与等が表明された。

(4)フィジー

84年の日・フィジー関係は順調に推移したが,貿易面では前年同様フィジー側の大幅入超であった。

経済協力分野では,研修員受入れ,専門家派遣等の技術協力が拡大され,前年度開始された青年海外協力隊員も引き続き派遣された。また,水産資源調査,稲作研究等種々の協力が進められた。85年1月の中曽根総理大臣のフィジー訪問時,マラ首相との会談において看護学校建設及び南太平洋大学における「南太平洋人造り基金」設置のための協力が表明された。

(5)南太平洋地域

84年もパプァ・ニューギニア,フィジー以外の南太平洋島嶼国と我が国の関係は全般的に良好に推移した。経済協力については,島嶼諸国からの要請に応え,84年も漁業,教育等の分野を中心として資金協力及び技術協力を行った。

10月の第24回南太平洋委員会(SPC)会議には,我が国もオブザーバーとして参加し,島嶼国の開発ニーズの把握に努めるとともに,SPCを通じ域内各国に被益する各種協力を今後とも推進する方針を表明した。

(3) Papua New Guinea (PNG)

Japan-PNG relations were generally good in 1984, although round-trip trade declined slightly (by about 8%) compared with the previous year.

Economic cooperation was mainly in the field of technical cooperation, and during Prime Minister Nakasone's visit to PNG in January 1985, at a meeting with Prime Minister Somare, it was announced that a yen loan would be granted for a ‘road construction programme’.

(4) Fiji

In 1984, Japan-Fiji relations developed steadily, but in terms of trade, as in the previous year, Fiji's input was substantial.

In the field of economic cooperation, technical cooperation such as the acceptance of trainees and the dispatch of experts was expanded, and the Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV), who had started in the previous year, continued to be dispatched. In January 1985, during Prime Minister Nakasone's visit to Fiji, at a meeting with Prime Minister Mara, cooperation was announced for the construction of a nursing school and the establishment of the ‘South Pacific Human Resource Development Fund’ at the University of the South Pacific.

(5) South Pacific

In 1984, relations between Japan and the South Pacific island countries other than Papua New Guinea and Fiji remained good in general. With regard to economic cooperation, in response to requests from the island countries, Japan provided financial and technical cooperation in 1984, mainly in the fields of fisheries and education.

In October, Japan participated as an observer in the 24th meeting of the South Pacific Commission (SPC), where it endeavoured to understand the development needs of the island countries and expressed its policy of continuing to promote various types of cooperation that would benefit the countries in the region through the SPC.

***

1985年、豪州はアジア太平洋のメンバーとしての地位を模索し、フィジー、パプアニューギニアは独立国としての将来を憂いていた時期であったのだ。これに答える形で、笹川良一は笹川平和財団と島嶼国基金設立に動いたのであろう。

安倍晋三の時代になり、この基金を30年近く一人で運営してきた私が、インド太平洋構想に関連付けたことは、運命としか言いようがない。

In 1985, Australia was seeking membership of the Asia-Pacific, while Fiji and Papua New Guinea were concerned about their future as independent states. In response, Ryoichi Sasakawa probably moved to establish the Sasakawa Peace Foundation and the Island Nations Fund.

In the era of Shinzo Abe, it can only be said to be fate that I, who has been managing this fund alone for nearly 30 years, became associated with the Indo-Pacific concept.