やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

2018-07-07から1日間の記事一覧

自由・平等・民主主義は太平洋にない!ナウルのメディア規制

太平洋島嶼国に自由・平等・民主主義はないのである。 だから中国と相性が良いのだ。袖の下文化(不正・腐敗)も共通だ。 豪州への難民の収容所となったナウルで9月に太平洋諸島フォーラム総会があるのだが、ナウル政府が豪州のABC (Australian Broadcasting…

水産改革:漁師さんと水産庁とお魚と

安倍政権で進められているのが水産改革だ。 戦後の日本の漁業体制、ステータスクオを変革しようという大きな動きである。 専門分野でも研究対象でもないのだが、海洋法と大きく関わってくる。 気になっていたのだが、神戸で説明会があるというので台湾のY博…

安倍政権島サミットの成果:太平洋島嶼国対中国の姿勢明確に(2)

The Australian の記事も前回のブログで紹介したAPの記事とほぼ同じ内容だがインド太平洋エンデバー2018軍事訓練、というのが興味深い。参加国はバヌアツ、フィジー、トンガ、パプアニューギニア、ソロモン諸島。 "The Indo-Pacific Endeavour 2018 military…

安倍政権島サミットの成果:太平洋島嶼国対中国の姿勢明確に

ニューヨークタイムズまで取り上げている。(追記:NYTのリンクが切れていたので日経アジアレビューを貼っておきます) 太平洋諸島フォーラムが、援助が拡大する中国に対し安全保障面から断固たる対応をとる協定がこの9月にナウルで開催される会議で合意され…