やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて35年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

独立を支援する大和魂

写真は左からベロニカ夫人、笹川良一氏、革命家ソマレ青年

日本がアジアの、世界の西洋植民地からの独立を助けたという話。 なんか眉唾のように思えていたけど、笹川良一氏がパプアニューギニアのマイケル・ソマレ閣下の独立運動を支援した話を知って納得した。

笹川良一氏は、革命家のソマレ青年の気持ちに答えただけなのだ。 支援した内容はあまりにもシンプルである。 日本に呼び、当時の佐藤首相ら日本の要人との面談をアレンジした事。独立をかけた選挙に車を2台寄付しただけなのだ。 実はこの話は笹川陽平会長から伺っていない。 当方はソマレ閣下の自伝 "Sana"を読んで、実は昨年始めて認識した。 相手に独立の意思がなければ支援なんかできないのだ。 だから日本がアジアの独立を支援した、というのは、日露戦争で目覚めたアジアの政治指導者達の気持ちに応えた、というだけのことだったのはないだろうか?  

これぞ大和魂 義を見てせざるは勇無きなり

Knowing what is right and not doing it is a want of courage