やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

ミクロネシア連邦ヤップファラン州知事の懸念

ミクロネシア連邦ヤップのヘンリー・ファラン州知事が続けてメディアにコメントを出している。相当まずい状態になっているのかもしれない。
ヤップは第二列島線上にあるだけでなく、パラオよりもかなり早くから中国の大型リゾートカジノ開発の話が進み、それは未だに燻っているのだ。以下の部分は大変気になる発言です。
"A small contingent in Yap has aligned themselves with China despite common knowledge and trustworthy reports of their destructive actions in other countries, including human rights abuses against minorities in their own country and underprivileged citizens in developing countries. “
「自国の少数民族や発展途上国の恵まれない市民に対する人権侵害など、他国での破壊的な行為が一般的に知られており、信頼できる報告書があるにもかかわらず、ヤップの一部の人たちは中国と提携を結んでいます。」
 

以下、機械訳

沈黙を守るという選択肢はない
米国が中国よりも優れたパートナーである理由

ヘンリー・ファラン
ヤップは広大な海に浮かぶ小さな島である。世界の富裕国の探検家たちが偶然この島にたどり着き、自分たちの目的のためにこの島の領有権を主張するようになる何世紀も前に、私たちの祖先はこの島を発見した。彼らはしばしば私たちの文化や伝統を潰そうとし、主権を主張するために国旗を掲げました。

今、私たちは再び、アメリカと中国という2つの強力な領域の間で綱引きをしている最中です。しかし、この2つの国の利益と意図には明確な違いがあります。

米国の国連信託統治時代を経て、1987年にミクロネシア連邦を設立したとき、一つの旗の下に4つの州を作るために、遠く離れた島々の指導者たちと何十回も会議を重ねて憲法を制定しました。米国の代表はカウンセラーとして、自分たちの未来を自分たちで決める民主主義国家への新しい道を切り開いていった。国民投票では、検討されている選択肢の中から自分たちが選んだものに投票することができました。

大変な作業でしたが、私たちは今日でも有効な「国民のための、国民による、国民のための協定」を切り開きました。

将来の世代が、すべての人に機会と平等を提供する民主主義国家に住み続けるためには、私たちが州と国に何を望むかについて、再びオープンな対話を行うことが不可欠です。自由で平等な社会という私たちの願いを持続させる力を持っているのは、私たちだけです。

ヤップと米軍の間だけでなく、ヤップ市民との間でも、このような対話を始めることが私の意図するところです。私は、パラオが米軍に基地を誘致するという最近の発表や、元軍人がパラオ、ヤップ、テニアンを米軍基地の戦略的位置として推奨しているという報道についての私の考えを、ジャーナリストからの問い合わせに答えました。

私の回答に対するコメントをソーシャルメディアに投稿してくださった方もいらっしゃいました。私は、肯定的なものも否定的なものも含めて、市民の皆さんからのすべての反応を大切にし、歓迎しています。すべての人が私に同意しているわけではありませんが、対話は民主主義の重要な要素です。

私たちは、意見を異にし、議論し、交渉し、そして最も重要なことは妥協し、敬意を持ってオープンに、自己中心的な野望を抱く他国の利益ではなく、私たち自身の最善の利益となる未来に向かって進んでいかなければなりません。

しかし、オープンな対話は "ヤップ流 "に反するものです。公の場で自分の考えを話すことは奨励されておらず、平和なヤップの社会を脅かすものと考えられています。
誰もが報復を恐れることなく、自由に、正直に、それぞれ自分を表現できなければなりません。言論の自由は、民主主義社会の礎です。

ある人は、リーダーシップとは地位や肩書きではなく、行動と模範であると言いました。私たちはもはや、他人を盲目的に信頼することはできません。たとえ正当な首長であっても、自称首長であっても、国民にとって正しいことをしてくれるとは限らないのです。たとえ自分の信念が、権力を持つ人々が推進するものと違っていても、私たちは声を上げなければなりません。賭けはあまりにも大きいのです。

 

自国の少数民族や発展途上国の恵まれない市民に対する人権侵害など、他国での破壊的な行為が一般的に知られており、信頼できる報告書があるにもかかわらず、ヤップの一部の人たちは中国と同盟を結んでいます。

このような少数の人々は、自分たちが与えられた約束を、それに反する証拠があるにもかかわらず、信じているようです。中国の提案は、すべての人が将来的に豊かになることを保証するものとして宣伝されていますが、その実態は空虚で不誠実であり、一部のグループにしか利益をもたらさないことが何度も明らかになっています。

米国は常にベストパートナーではないし、彼らのベストパートナーであったこともない。しかし、米国は、私たちが自由に、干渉されることなく、自分たちで決断し、自分たちの進むべき道を模索する権利を促進し、擁護しています。

米国との同盟によって得られる多くの利点の中には、以下のものがあります。

- ビザなしで米国に居住、就労、就学することができる。
- 米軍への入隊は、米国の優秀な人材の多くに、以下を提供します。
o キャリアトレーニング。
o医療。
年金などの
本人とその家族にその他の価値ある特典を提供する。
- 年間1億1,000万ドル以上の経済的支援とプログラム支援。
- 連邦政府による以下のような補助金やサービス
o 教育
oヘルスケア
o インフラストラクチャー
o 公共部門プログラム
o キャパシティビルディング
o 民間部門の開発、および
環境
- 共同管理の信託基金
- JEMCOは、援助資金が「効果的に集中し、適切に説明される」ことを保証し、「良い統治と経済的自立」を促進します。

2020年以降、ヤップは数百万ドルに相当する支援、医療機器、訓練を受けており、コヴィド19の際には脆弱な島々の準備に役立っています。この取り組みには、国費は1セントも使われていません。

さらに、ヤップに軍が駐留することで得られるメリットもあります。
- 医療、福祉、教育プログラムを支える税収。
- 市民の雇用と訓練の機会を増やす。
- 店舗、ホテル、レストラン、建設会社、その他のサポートサービスのための収入。
- 医療施設の充実、看護師や医師の増員。
- インフラの整備などが挙げられます。

ヤップがグアムになることはありませんし、そうなりたいとも思いません。しかし、私たちは太平洋地域の中で戦略的に位置づけられており、ヤップ人としての魂を捨てることなく、互いの資産を活用することができます。

確かに、私たちは間違いを犯しました。しかし、リーダーだけでなく、老いも若きも、男性も女性も、すべての市民がオープンに議論し、対照的な考えを検討することで、私たちの民主主義を皆のために機能させることができるのです。

私たちは自分の運命の主であり、自分で機会を作り出すことができます。その証拠に、コロニアに計画されている最先端のテクノロジーセンターを見てみるといいでしょう。私たちの生んだ息子の一人が夢を見て、それを現実にしているのです。

一人の人間が他の誰よりも重要ではなく、一人のアイデアが他の誰よりも重要ではないのです。私はヤップのすべての市民に、私たちの島と人々の未来に積極的に参加することを呼びかけます。

もし私たちが沈黙を守り、少数者が多数者を代表して行動することを許せば、私たちの権利と土地が再び私たちの許可なく外国勢力に占領されたとき、私たちは自分たち自身を責めることになるでしょう。