やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

2018-01-24から1日間の記事一覧

後藤新平とパリ講和会議

ウィルソンの平和の14か条をドラフトしたウォルター・リップマンを読んでから、1919年に後藤新平が新渡戸を連れてパリ平和会議に参加した事が書かれている『決定版 正伝 後藤新平 7』が読みたくて、年末図書館で借た。 ウォルター・リップマンと自決権 ht…

なぜ日本漁船だけ取締まるのか?

ミクロネシア連邦政府の司法長官が過去に行った「保証金ふっかけ取締」を羽生前会長はじめ財団に出向していた国交省のおじさん、お兄さん達が支持する、という恐ろしい事件がなければ、私が違法操業取締にこれだけ詳しくなる事はなかったであろう。 yashinom…

水産庁取締船と安保法案

京大で開催された研究会で質問を受けて思い出した件である。 水産庁取締船のパラオ派遣。 水産庁がやる気になって、しかも受けるパラオ法執行機関は大喜び。 約500トンの「みはま」のような取締船がパラオEEZを監視するのだ。しかもタダで。 船のメンテも…