やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

米国政府パラオの台湾支持を支持

パラオと台湾の関係維持を支持する米国国務省高官のコメントが出た。キーワードは「ステータスクオ」現状維持を支持する、という点であろう。

“The United States appreciates hearing from leadership like here in Palau as elsewhere that it’s important to maintain the status quo,” Murphy further said. He added that “For some 40 years the status quo has provided stability and predictability in the cross-straits area between China and Taiwan.”

 

Palau-Taiwan alliance important in regional stability: US official

October 16, 2018 | Pacific Note News Staff

この米国国務省のPrincipal Deputy Assistant U.S. Secretary of State、W. Patrick Murphyのコメントは重要だ。最近も台湾の某博士からわけのわからない質問をいただいたが、国際政治、小国論を知らないとわからないのは当り前。Murphy氏のコメント引用しておきたいと思う。

 

Murphy met with Palau government officials to mark the Compact Review Agreement coming into force as well as to stress the importance of defense relationship and commitments.

米国とパラオの自由連合再考協定の発効と共に防衛関係とそのコミットメントの重要性を指摘した。と、これはパラオと米国の関係、及自由連合協定の形成過程を知らないと理解できない。私流に解釈すると「米国の国防管理下にある事を条件に経済支援してきたし、しているのだから中国にスイッチするな」という強い意味だ。

 

Asked for his views on Palau’s diplomatic ties with Taiwan vis-à-vis China, Murphy said that the United States respects the sovereignty and independence of countries.

中台関係はパラオの主権、独立国としての立場を尊重する、と言っているが、勿論米国に属している主権国家としての良識的判断をすると信じている、位の意味。

 

“The United States appreciates hearing from leadership like here in Palau as elsewhere that it’s important to maintain the status quo,” Murphy further said. He added that “For some 40 years the status quo has provided stability and predictability in the cross-straits area between China and Taiwan.”

台湾支持を支持するとは明確に言ってないが、過去40年間中国と台湾の関係を維持した(ここは予測可能で安定したと表現)ステータスクオが継続される事を望む、と。。

 

Murphy氏が今月モンゴルを訪ねた映像があった。

Deputy PM meets Deputy Assistant Secretary W.Patrick Murphy

www.youtube.com

2017年のマーフィー氏のアジアにおける米国の利益というタイトルで講演している。1時間あるからこれは後で見たい。

www.youtube.com