やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

ミャンマーの混乱を避けたパラオ

ミャンマーにも、パラオに入り込んだ三合会が跋扈しているので、その情報をあらゆる諜報機関から提供を受けた。情報を持つ者に情報は集まるのである。

もし、パラオに軍隊があればミャンマーと同じ状況になっていたであろう。月刊正論新年号に書いたパラオの闇で明かしたように三合会が手を固く結んだのがレメンゲサウ大統領とオイロー法務大臣だ。さすが歯っ欠け駒さん。誰と手を組めばよいのかよく知っている。そのオイローが大統領になっていたらと思うとゾッとするのだが、幸いパラオには軍隊がないし、自由連合協定で米国がしっかり抑えている。

ミャンマーの件、背後にいる三合会のことを、ミャンマー少数民族問題で多大な貢献と実績がある井本さんも書いていない。なぜだろう?

三合会の存在は何百人の命を虫けらのように殺し、国家を崩壊させてしまうのだ。

英語では質量共に多くの情報が出ている。少しフォローしたい。

まず昨年の選挙がなんであったのか、米国シンクタンクのレポートの機械訳です。和訳文にざっと目は通しました。

- - -

Myanmar Elections 2020: Ethnic Tensions and a Military Hand | United States Institute of Peace

 

2020年のミャンマー選挙。民族間の緊張と軍の手

NLDが勝利する可能性が高いと思われる一方で、少数民族の不満や軍の影響力が投票に大きく立ちはだかります。

2020年11月7日(土)/BY: ジェイソン・タワー
出版物の種類 分析・解説

11月8日に行われるミャンマーの総選挙では、与党の国民民主連盟(NLD)が勝利すると予想されていますが、2020年の選挙戦は2015年よりもはるかに熱い戦いが繰り広げられています。国内の非ビルマ系民族の政治的フラストレーションの高まりが反乱を煽り、軍部系の連邦連帯発展党とその武装勢力のパトロンが政府を批判し、国内の脆弱な選挙制度を攻撃している。ミャンマーの民族がこのプロセスをどのように経験するかは、今後の平和構築の取り組みに大きな影響を与えるでしょう。USIPのジェイソン・タワーが、選挙のプレビュー、ミャンマーの内戦と和平プロセスへの影響、COVID-19が選挙プロセスに与えた影響について解説します。

 

2020年の選挙は、これまでとは大きく異なる状況で行われます。まず、ラカイン州やチン州を中心に暴力的な紛争が急増し、アラカン軍(AA)が急速に力をつけ、人気を博しています。政府はアラカン軍をテロリスト集団とすることに固執し、軍はアラカン軍に停戦協定を結ばなかったため、ラカイン州の多くでは選挙を実施することが不可能なレベルの激しい紛争が発生している。そのため、国の選挙管理委員会はラカイン州の投票所を閉鎖し、110万人以上の有権者の権利を奪うことになりました。一方、南部のNLDの拠点では選挙が続くため、ラカイン族の政党は州議会での発言力を失うことになりそうです。選挙政治による変革の可能性が低くなると、紛争がさらに南に広がる兆しが見えてきます。選挙の前週には、中国・ミャンマー間のパイプラインプロジェクトに近い重要な港町、キョクフで戦闘が発生した。

第二に、連邦選挙管理委員会への批判が拡大しています。軍部は先週、UECのパフォーマンスを公に非難し、「過去の選挙では見られなかった欠陥がある」と主張しました。国際機関は、UECが党派的であることを指摘し、その欠点を指摘していますが、軍部が公然とUECを攻撃することは、民主主義の慣行が損なわれる懸念があります。また、政党が選挙結果に疑問を呈する危険な隙を作り、選挙中の暴力のリスクを指摘しています。この2週間で、選挙運動の周辺で複数の暴力事件が発生し、2名の死者が出ています。

最後に、人口の3分の1を占める民族の有権者は、政府が自分たちの権利の向上に遅れをとっているため、43の民族政党の候補者に投票する可能性が高いと言われています。これらの政党は、今年の選挙戦の見通しに大きな期待を寄せています。しかし、ミャンマーの「先議制」システムでは、民族政党が新政権の樹立に必要な議席を獲得することは難しく、彼らの支持層は最終的な結果に失望することになるでしょう。


COVID-19は今年の選挙にどのような影響を与えたのでしょうか?

2020年の選挙シーズンは、COVID事件が激増する中で始まりました。国内の多くの地域が封鎖されましたが、93の政党の一部とその支持者はこの規則をしばしば無視しました。そのため、他の政党は、世論調査で後れを取るリスクを冒してまで公衆衛生を守るかどうかを判断しなければならないという、厄介な立場に追い込まれました。

また、「COVID」に対する恐怖心が選挙前に急増し、投票率の低下が懸念されています。政府は、選挙の第一線で働く人たちにマスクや手の消毒液を提供する予定ですが、医療資源が非常に限られているこの国では、投票がウイルスの蔓延を助長する可能性も十分にあります。さらに、多くの投票所が隔離施設を兼ねているとの噂もあり、国民の不安は高まっています。

パンデミックは、選挙監視員の活動にも支障をきたしています。ミャンマーの国際空港は3月以降、商業目的の渡航が禁止されており、外国の監視団の組織化と展開が困難になっています。さらに、「信頼できる選挙のための人民同盟」などの国内の主要な選挙監視組織に対するUECの当初の抵抗により、現地での監視の準備が大幅に遅れました。

政権交代から5年、NLDの連勝が期待されています。選挙後、政府はどのような課題に直面するのか。それは、ミャンマーの民主主義への移行にとってどのような意味を持つのでしょうか。

誰が勝利しても、さまざまな困難な問題に直面するでしょう。最も重要なのは、ラカイン州での紛争を終わらせることです。新政府は、これまでの和平交渉がなぜ民族間の根本的な不満に対処できなかったのかをよく考える必要があります。

ガバナンスの面では、憲法改正、連邦レベルと州・地域との間の歳入分配の方式、そしてガバナンスや意思決定プロセスにおけるすべての民族の声を劇的に増やすプロセスが最も急務です。現在、ミャンマーの多くの政党は、これらの問題を綱領の最優先事項としており、シャン民族民主連盟などの政党は、すべての民族グループの権利と承認を支持する立場を率先して表明しています。

同様に重要なのは、国境を越えた犯罪集団の侵入と、それに結びついた大規模な不正資金の流れを管理することです。主にタイとミャンマーの国境沿いで活動している3つの多国籍犯罪ネットワークは、腐敗した民兵組織、特に軍の下部組織であるカレン族の国境警備隊と協力して、違法なオンラインギャンブルやその他の不正なビジネスを行うための規制されていない広大な都市を作り上げました。これらのネットワークは、腐敗した武装勢力の影響力と資源を増大させ、法の支配と民主的統治を確立するための努力をさらに弱める恐れがあります。

ギャンブルシティに関連して、ミャンマー持続可能な開発計画(MSDP)をさらに明確にするなど、持続可能な開発を継続的に推進する必要があります。現政権は、開発プロジェクトを計画に沿って進め、外国からの直接投資が国家のニーズを満たすようにしようとしています。これは出発点ではありますが、政府はMSDPに関してミャンマーの大多数の民族との協議を行っておらず、戦略と現場のニーズの間に大きなギャップが生じています。また、近隣諸国を中心とした外国人投資家は、現地の紛争への影響を懸念することなく、大規模なインフラや産業プロジェクトを積極的に開始しています。

 

今回の選挙は、ミャンマーの内戦や和平プロセスにどのような影響を与えるのでしょうか?

ミャンマーのすべての民族武装組織は、選挙の結果を注視しています。選挙の結果、民族政党がプロセスから外れることになれば、フラストレーションは自治権をめぐる武装闘争への支持を高めるでしょう。ラカイン州や南部チン州ではすでにそれが起こっており、他の民族グループからもAAの勧誘が行われている。もし、これらのグループが正式な政治的ルートでの進展を見込めなければ、全国の武装勢力が反応する可能性が高く、特にミャンマー北部のAAの親密な兄弟分がそうである。

平和創造の努力は、軍部と政府の間の選挙の緊張や、プロセスの欠陥、特に多くのタウンシップでの投票中止に対する責任をどちらも取らないことによって、影響を受けることになるだろう。民族政党や有権者、そして民族武装組織の代表者たちは、政府と軍の連携が取れていないことで、自分たちの選挙戦の見通しが悪くなると考えているようだ。一方で、武装組織と連携して彼らの地域で選挙を行うことができなかったことで、緊張感が高まり、信頼関係を築く機会を失っています。最後に、ミャンマーで最も抑圧されているロヒンギャは、完全に権利を奪われており、地域の難民問題の解決はさらに遠ざかっているように見えます。

 

 今回の選挙は、ミャンマーの国際関係にどのような影響を与えるでしょうか。

選挙の結果にかかわらず、ミャンマーの外交政策は継続されるでしょう。ただし、一部の民族政党は、中国との関係を懸念しています。中国は、ミャンマーの内戦に大きな影響力を持ち、数十億ドル規模の投資を進めていますが、この点は例外です。カチン州やシャン州の選挙では、透明性の問題や、プロジェクトが地元住民に利益をもたらさなかったことへの懸念が取り上げられました。

選挙後、ミャンマーは引き続き厳しい国際環境に直面することになります。インドと中国の間には敵意があり、今年初めには国境紛争が発生しました。紛争が劇的にエスカレートした場合、双方の利益が損なわれる可能性があります。

相対的に言えば、中国の利害関係者は、中国のインド洋における接続計画はラカイン州からエーヤワディ地域へと容易に軸足を移すことができるが、インドのそれはできないと見ている。中国は、選挙後の中国-ミャンマー経済回廊の急速な進展に非常に大きな期待を寄せており、政府はこの期待を管理する必要があります。ASEANに関しては、ロヒンギャ難民問題が進展しなかったことで、今後も関係が悪化することが予想されますが、ASEAN諸国の中には、バングラデシュと協力して難民問題の暫定的な解決策を見出すことに関心を示している国もあります。

注目すべき点は、日本、韓国、そしてオーストラリアがNLDの2期目に関与する可能性があることです。これらの国々は、COVID-19の期間中に関与を強化し、平和と開発に関して重要な役割を果たすことが期待されており、中国の圧倒的な影響力を抑えるための道をミャンマーに開く可能性があります。