やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

ミャンマーの抗議活動が続く中、団結の兆し

相変わらず、日本語のミャンマー情報が少ない。英語は、山ほどある。The Science Monitor にフォローしているUSIPのジェイソン・タワー氏のコメントが入った記事が掲載されていた。4月9日の記事だ。これも機械訳でざっと内容を確認しただけです。

タマドーという共通の敵をもって、ビルマ民族の市民と少数民族が団結する可能性が生まれたという話、だと思います。

 

https://www.csmonitor.com/World/Asia-Pacific/2021/0409/As-Myanmar-protests-continue-a-glimmer-of-greater-unity

www.csmonitor.com

ミャンマーの抗議活動が続く中、団結の兆し

ミャンマーの少数民族であるカレン族の避難民は、攻撃を受けた際に森の中に隠れて安全を確保する。何十年もの間、カレン族の反政府組織は、自治権の拡大を求めてミャンマー軍と戦ってきた。
2021年4月9日

アン・スコット・タイソン スタッフライター
シアトル


母や祖母がそうであったように、ポーはミャンマー軍からの攻撃から逃れることがどのようなものかを知っています。茅葺き屋根の村の小屋からジャングルに逃げ込み、食べ物も暖かさもない状態で身を寄せ合い、兵士に居場所を知られないように火を起こすことを恐れています。

"ミャンマーの少数民族カレン族の一員であり、現在、何千人もの避難民を支援している救援活動家のポーは、「少し前までは、軍が飛行機を使って空爆し、カレン族の地域に爆弾を落としていました」と言います。"今、村には誰もいません。村にはもう誰もいません。みんなジャングルの中にいるか、塹壕を掘って隠れています」と、タイとミャンマーの国境から電話で話してくれました。

ミャンマー軍は何十年にもわたって、カレン族の戦闘員や、1948年の独立後に約束されながら実現しなかった自治権の拡大を求める国内の他の多くの民族武装集団と戦ってきた。しかし、軍によるカレン族の村への攻撃が最近エスカレートしているにもかかわらず、ポーは今日、希望の光を見出している。それは、ミャンマーのはるかに広い範囲の人々が軍の怒りに直面しており、共感できるからである。

 

なぜこの記事を書いたか
ミャンマーのクーデターと残忍な軍の弾圧により、少数民族と多数派のバマー族の間に共通の理由が生まれつつあるという兆候が高まっている。

 

彼らは、ビルマ軍がカレン族やその他の少数民族を残酷に扱っていることを知っています......軍が彼らにもひどい仕打ちをしているからです」と、保護のために本名を伏せたポーさんは言う。

"私たちが70年以上も苦しんでいること、祖父母の代から今まで逃げ続けてきたことを知っています。"だから、私たちは少しだけ幸せなのです」。

 

2月1日のクーデターにより、ミャンマーの将軍たちが選挙で選ばれた民間政府を倒して以来、軍事政権に対する全国的な抗議活動が勃発しました。これに対し、軍部であるTatmadaw(タマドー)は、残忍な弾圧を開始しました。専門家によると、ミャンマーの若いデモ参加者たちは、カレン族やロヒンギャ族などの少数民族の長年の苦しみを理解するために、タマドーの残酷さを初めて目の当たりにしたという。

"クーデターは...視点や考え方を変えるきっかけとなりました。なぜなら、今、政権はロヒンギャの子供を殺して生きたまま焼いているだけではないからです。政権は、ロヒンギャの子どもたちを殺して生きたまま焼いているだけではなく、実際に自国民に対してそれを行っているのです」と、27年間ミャンマーで活動しているPartners Relief & Development社の社長であるスティーブ・グーマー氏は言います。


ジョージア州の投票法には何が書かれているのか、そしてなぜ投票率が高いのか
このような共感があるからこそ、退陣したミャンマーの文民指導者の残党が、少数民族の代表者とその武装組織とで新たな連邦政府と軍隊を設立しようとする苦しい政治活動への支持が高まるのである。

米国平和研究所(United States Institute of Peace)の国別責任者であるジェイソン・タワー(Jason Tower)氏は、タマドーへの圧力が強まってタマドーが揺らぎ始めたら、「そのギャップを埋める何かが必要になる」と言う。

そうしないと、「4つ、あるいは5つの前線の民族武装グループが、全方向からタマドーに対抗するというシナリオになりかねません」。"そうなると、本当に厄介なことになります。

脅威の再考

タマドーのプロパガンダは長年にわたり、人口の3分の2を占めるミャンマーの支配的な民族であるバマー族に仏教ナショナリズムを浸透させる一方で、国境地帯に住む少数民族との対立を煽ってきた。

写真
2021年4月4日、ミャンマーのヤンゴンで行われた反クーデターのストライキで、抵抗のシンボルである3本指を点滅させる若いデモ参加者たち。致命的な暴力の脅威とデモ参加者の逮捕は、軍の退陣と民主的に選出された政府の復活を求める日々のデモを抑えることができませんでした。


2017年に軍がミャンマーのイスラム教徒である少数民族ロヒンギャに対してキャンペーンを行い、国連が「民族浄化の教科書的な例」と呼んだように、約80万人をバングラデシュに避難させたとき、多くのバマーはロヒンギャを脅威とするプロパガンダを信じていました。

 

しかし、クーデター後のミャンマーでは、国民は軍を真の脅威と見なしていると専門家は言います。"人種差別やナショナリズムといったものが、こんなにも早く解体されてしまうとは驚きです」とグンマー氏は言う。"軍隊が手袋を外して、少数民族の国で行われているのと同じ戦術を...自分たちの国民に適用したからだと思います」と、バマー族を指して言う。この弾圧で600人以上が死亡し、民間指導者のアウンサンスーチー氏をはじめとする幹部を含む3000人近くが拘束された。

ここ数週間、バマーコミュニティでは、ロヒンギャや他の民族に対して過去に無関心や反感を抱いていたことを悔やむ声が多く聞かれるようになった。一方、バングラデシュの難民キャンプにいるロヒンギャをはじめとする少数民族のメンバーは、反クーデターのデモに参加したり、応援したりしています。

"2016年から昨年まで在ミャンマー米国大使を務めたスコット・マーシエル氏は、「今回の事件で得られた一つのポジティブなことは、...異なるコミュニティの人々をどのように扱うべきかという国家的な対話が始まったということです-これは長い間待たれていたことです」と語る。


「バマー民族が『ロヒンギャのような少数民族が軍に残虐な行為をされていると訴えているのをずっと聞いてきた』と言っています。私たちはそれをある程度否定する傾向がありました。ウォルター・H・ショーレンスタイン・アジア太平洋研究センターの客員研究員であるマーシエル大使は、今月開催された世界問題評議会のイベントに非公式の立場で参加し、「今、私たちはそれを感じています。

協力の必要性

国レベルでは、自決を求めて戦ってきた民族グループと、軍事政権を追放したいという一般の人々との間で、政治的な目標が一致しつつあります。

民族社会のリーダーたちと、拘留を免れて潜伏している選出議員のグループ「CRPH」との間で、話し合いが続けられています。

CRPHは先週、ミャンマーの2008年憲法の廃止を発表しました。この憲法は、主要な省庁や議会の4分の1の議席を支配するなど、軍に大きな権限を与えていました。その代わりに、独裁政治を根絶し、平和をもたらし、すべての民族に「平等な権利と自決」を与える「連邦民主主義連合」を設立することを目的とした憲章を採択しました。


すべての荷物を運べなかった避難民は、安全のために一部の荷物を埋めた。
シャン族、カレン族、ラカイン族など、ミャンマーの主要な民族を代表する団体は、違いを乗り越えて、CRPHと協力して新しい連邦憲法を作る機会を捉えている。

シャン民族民主連盟(Shan Nationalities League for Democracy)のスポークスマンであるサイ・リーク(Sai Leik)氏は、今週のミャンマー・ナウ(Myanmar Now)の取材に対し、クーデター以降、連邦制に対する国民の支持が高まっていると述べた。"ミャンマー本土の多くの人々が、連邦制は分離主義ではなく、より大きな統一につながることを理解するようになれば、我々はこのアイデアをより強く推し進めるべきだ。"

シャン州で働くシャン族のメンバーであるタイクは、"シャンとバマーの間、そして異なる民族間のより大きな団結 "に向けた重要な変化を目の当たりにしているという。"人々は連邦民主主義について多くを語っています」と、保護のために本名を伏せたThaik氏は言う。


態度の変化

カレン民族連合のような主要な民族武装組織も、連邦軍創設に向けて協力する姿勢を見せている。

タマドーの35万人の兵士に対し、民族軍は10万人以上と推定されている。"EAO(民族武装組織)が統一されれば、タツマダの考え方を見直すきっかけになるのは間違いありません」と語るのは、2014年からヤンゴンや民族地域で人権や市民社会について教えたり、コンサルティングを行ったりしているミャンマー出身のジョナサン・リルジェブラッド氏だ。

確かに、不信感が一夜にして解消されることはないだろうが、連邦政府と軍隊は、いくつかの重要なプレーヤーから始めて、そこから構築していくことができるだろうと、米国平和研究所のタワー氏は言う。実際、ミャンマー国内からの報告によると、民族軍は異常なほどの支持と新兵を集めており、一部の抗議者は都市部を離れて避難したり、軍事訓練を受けたり、民族軍に入隊したりしているという。

都市部から軍隊を引き離すことで、「民族武装グループは、抗議活動をしている若者たちの負担を軽減しているようなものだ」と、匿名を希望するある活動家は、最近ヤンゴンからの電話でモニターに語った。

"今では、多くの民族が経験してきた苦しみと、カレン族や他のグループが空間を提供し、保護し、反撃するために取っている手段の両方を、新たに評価しています」とタワー氏は言う。


パウ氏にとっては、少数民族に対する態度が180度変わったことは喜ばしいことです。

かつてのバマー人は、"民族はテロリストや反逆者のようなもの "と信じていたそうですが、今では "軍のテロリストに目隠しされていた "と言っています。少数民族が自衛のために行動していたことを理解したバマー族は、"申し訳ないと思い、許しを請う権利がないと感じている "が、"将来的には私たちを助けてくれるだろう "と言う。