やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

豪州モリソン首相1500億円基金設置表明

首相がどんどん変わるオーストラリア。今年はナウルで開催されたPIF総会に新任のモリソン首相は参加をせず批難轟々。その内南太平洋はどんどん真っ赤に染まっていく。。

そんな中でモリソン首相が眼に留まる支援策を発表した。

www.radionz.co.nz

 

1500億円の太平洋島嶼国向け基金を設置。

さらに700億円、豪州の太平洋島嶼国への事業進出応援。

さらに新たにパラオ、マーシャル諸島、仏領ポリネシア、ニウエ、クック諸島に外交使節を設置。

 

日本は?安倍政権が示した額が確か4千億円だったと記憶する。ニュージーランド外交が殆ど機能していないと言う事だから既に中国の手に落ちたニウエ、クック諸島と今後日仏協力が進むニューカレドニア、仏領ポリネシアに日本の外交使節をおくべきである。

yashinominews.hatenablog.com