やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

ヤップ州に中共の船を押し付けるApis運輸大臣

上記の記事によるとなんと、ヤップ州の知事が日本の船を希望しているのに、一切耳を貸さず、ミクロネシア連邦政府Carlson D. Apis運輸大臣は再び中国の船の贈与を決めてしまいました。

今年7月多くの(確か何百人)の学生を含む乗客を乗せた貨客船(中共政府の供与)、MV Haplimohol 1 がエンジンの故障でウォレイアイの籬島で放置されました。これを助けに行ったのが日本が供与したMS Micronesian Navigatorsです。

MV Haplimohol 1は2018年に修理されたばかりですが、使用不可能な状態になりました。

なぜミクロネシア連邦政府はヤップ州の要望を無視して中共の船を押し付けるのでしょうか?

Carlson D. Apis運輸大臣は中国の大使をしていたのです。中国べったりな様子がわかります。


下記が、中共政府と契約を決めた10月17日付、ミクロネシア連邦大統領府の通知です。グーグル訳を下記にペーストしますが、私が怖いと思ったのがメンテナンスを口実に中国人がヤップ入りすること。ヤップは第二列島線上の安全保障上重要な島で、中国の攻勢は10年以上続いています。

Secretary Apis & Ambassador Huang Sign Contract to Construct A New Vessel for Yap State 

Richard Clark Parent Category: PIO Articles News and Updates

https://gov.fm/index.php/component/content/article/35-pio-articles/news-and-updates/376-secretary-apis-ambassador-huang-sign-contract-to-construct-a-new-vessel-for-yap-state?Itemid=177

-----

ミクロネシア連邦情報サービスプレスリリース アピス長官と黄大使、ヤップ州向け新造船建設契約に調印-ポンペイ、パリキル-2020年10月15日、

ミクロネシア連邦政府の運輸・通信・インフラ省のアピス長官は、中国人民共和国(中華人民共和国)の黄正大使を表敬訪問しました。アピス長官は、ミクロネシア連邦政府の運輸・通信・インフラ部門の長官として、中華人民共和国(中国)の黄正大使を表敬訪問し、進行中の開発プロジェクトについて協議しました。この船は、主にヤップ州および必要に応じて他の全国的なサービスを提供する600トン級の貨物・旅客船である。

FSMの市民は、この船が390日以内にヤップに向けて出航することを期待することができます。この船は2,500海里以上の航続距離を設計しており、船の耐久性は15日以上である。

契約には、納入後2年目から1年間の保証期間が終了した時点で、中国が毎年4名の技術者をFSMに派遣し、4年間連続で14日間のメンテナンス技術検査を実施することが含まれています。

アピス長官は発言の中で、中国の発展努力を支援するための継続的な支援に感謝の意を表し、黄大使のFSM-China Great Friendshipの継続的な強化に向けた献身を称賛した。

カフマル橋やマドレニハムウの二次道路など、最近の開発努力に対する国家の感謝の意を改めて述べた後、アピス長官は、「この船は待望のプロジェクトであった。ご存知のように、私たちは100万平方キロメートル以上に広がる島々の国であり、交通機関は課題であると同時に、優先事項でもあります。

ですから、私たちはこのプロジェクトに感謝しています...そして、今から13ヶ月後、おそらく2021年11月には、ヤップ州の知事と指導者の皆さんと一緒にヤップでこの船を受け取るために、私もその場に立ち会うことになるのを楽しみにしています。

あなたの偉大な友情に感謝します」と述べた。 黄大使は喜びに言及し、この船の建造契約の調印式は、2019年12月のパヌエロ大統領の中国訪問の際に、「人類が共有する未来を持つ共同体の構築というベルト・アンド・ロード構想を共同で推進するために、[中国]の習近平国家主席と[FSM]のデビッド・W・パヌエロ大統領との間で合意された重要な合意の完全な実施の実証である」と助言した。

"この船は、FSMのための交通機関を改善するために非常に重要な役割を果たすでしょう。船は人をつなぎます。なぜならば、輸送は人をつなぎ、それはまさにベルト&ロードの理念であり、人をつなぐものだからです。"

黄大使はさらに、中国の FSM への援助は専ら国家の要求と優先順位に基づくものであり、政治的・財政的な条件は一切付されていないことを正確に強調した。

"さらに黄大使は、「私は、より多くの船が来て、より多くの道路が建設され、相互尊重と相互利益の原則に基づいて、より多くのプロジェクトが実施されることを願っています....」と続けた。私は、この船がヤップの人々とFSMの人々、そして、中国の中共政策を基盤とした偉大な友好関係に具体的な利益をもたらすと確信しています」と述べた。

"親切な言葉をありがとうございます "アピス長官は、"両国の関係を総括してくれたし、交通担当長官として、交通の重要性を強調してくれたことに感謝しています。"

中共は31年以上の大友好関係を築いてきた。この偉大な友好関係を継続的に強化し、永遠に存続させることは、中共国家政府の意向である。

-----

太平洋島嶼国の海洋安全保障に関する基礎的な資料がJICAから2019年3月に出されている。この資料は重要である。というかこういう基礎調査もせずにパラオ政府がいらないと言った監視艇を供与したのが日本財団である。私は目の前で見たのだ。造船のための日本財団の予算消化が目的だ、国交省元審議官羽生次郎氏が私に言った。

「あの金を使ってやるんだ。消化できずに困ってんだよ」これが日本の閣僚の姿である。

Data Collection Survey on Maritime Safety and Security in the Pacific Region

https://openjicareport.jica.go.jp/pdf/12345500.pdf