やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

豪州潜水艦とFOIPの行方PodCafe のご案内

f:id:yashinominews:20210918092345j:plainLouis XVI et La Pérouse

 

2008年から見てきた、動かしてきた太平洋と豪州の動きを整理しながら「豪州潜水艦とFOIPの行方」と題し、豪仏の太平洋のおける海洋安全保障の話をします。

多彩なゲストも多く参加予定です。

join.skype.com/YX770kcEQXxg

9月20日月曜日20時から

 

今回の豪州潜水艦をめぐる動き。オーストラリア国立大学のローリー・メドカーフ教授の論考が全てを語ってくれている。
Cornwall G7 summit で英米が技術協力を合意。これが豪州にとっての分かれ道となったようです。豪州は精神と歴史において英国であり、地理的には米国である、ように見えます。英米の接近が豪州の安全保障体制を変えた、ということ。
 
以下、機械訳にざっと目を通してあります。

新しいAUKUS同盟は、グローバルな関係にどのような意味を持つのでしょうか?
英国、米国、オーストラリアの間の新しい協定は、軍事力、産業力、科学力の統合にほかならない。
記者:ローリー・メドカーフ

英国は、中国が威圧的な軍事力を急速に拡大しているアジアとオーストラリアの海洋を中心とした超領域であるインド太平洋において、何か重大なことの一部になったところです。

英国の空母「クイーン・エリザベス」の「ストライク・グループ」が最近、太平洋上の日本やアメリカなどの海軍と戦闘的な演習を行っただけでなく、ボリス・ジョンソン首相がオーストラリアとアメリカの首脳と一緒になって、強力な新しい安全保障トライアングルを立ち上げました。

ボリス・ジョンソン首相は、昨夜(9月15日)、ジョンソン首相、スコット・モリソン豪首相、ジョー・バイデン米大統領の3人で仮想会議を開き、「AUKUS」と呼ばれる新たな3者グループを発足させ、長年にわたる豪米同盟と英米同盟を強化します。

AUKUSは、米国と英国の専門知識と技術を結集し、今後数十年にわたってオーストラリアの原子力潜水艦艦隊を開発することを最優先事項としています。これは、オーストラリアとインド太平洋、中国、イギリス、アメリカ、ヨーロッパにとって重要な意味を持っています。

オーストラリアにとって、これは非常に大きな問題であり、軍事的な意味では存在意義があります。中国のパワーに対する不安は、北京の全体主義への転向、南シナ海での侵略、政治的干渉キャンペーンなどによって強まっています。

また、キャンベラがCovid-19の起源に関する調査を最初に要求するという露骨な態度をとったことで、経済的ないじめも発生しています。

海底貿易に依存する島国のオーストラリアには、強力な海軍が必要です。しかし、海軍の抑止力と情報収集に欠かせない海底の領域では、1990年代にスウェーデンで設計された6隻の潜水艦の出番が増えている。従来のディーゼル電気推進方式では、世界最大級の海域に密かに展開することはできない。

一方、インド太平洋の海域では、中国の海軍の近代化が、日本、インド、オーストラリアをはじめ、アメリカを除くすべての国の海軍を追い越してしまったため、激しい争いが繰り広げられています。

2009年、当時の労働党のケビン・ラッド首相が、オーストラリアは地域的に優れた12隻の潜水艦を保有してこの脆弱性を解消すると約束して以来、問題は「どのようにして」ということだった。

2016年、マルコム・ターンブル保守党政権は、「未来の潜水艦」をフランスの国営企業であるナバルグループがオーストラリアで設計・製造するという巨大な契約に合意し、その答えが出たように思えた。日本は落札を期待していたが、動いてしまった。

しかし、オーストラリアとフランスの協定は、価格、スケジュール、能力に関する理解の相違により、すぐに苦境に立たされることになった。キャンベラは、原子力潜水艦と同等の性能を持つディーゼル電気潜水艦を求めていたのである。その間にも、中国の自己主張とオーストラリアの怒りは高まっていた。

同時に、ドナルド・トランプ米大統領(当時)が同盟国を罵倒する態度を示したことで、キャンベラは安全保障上のパートナーを多様化したいと考えるようになった。「四つの国」の友人であるインドや日本などのアジアの大国や、フランス、あるいはブレグジット後の世界で独自の道を模索している英国との関係である。
バイデンのアメリカとジョンソンのイギリスは、経済成長と戦略的緊張の両方において世界の重心となっている遠く離れたインド太平洋を含め、中国の自己主張による自国の利益と価値に対するリスクに注目しています。

これは、オーストラリアの安全保障の追求と一致しています。このようにして、6月のコーンウォールG7サミットの傍らで、新しい計画の要素が打ち出されました。

なぜなら、アメリカとイギリスが突然技術を共有しようとしたため、オーストラリアはフランスとの接続をやめるという難しい決断を下すことになったからです。

しかし、それだけではありません。この新しい3つの同盟関係は、能力、利害の一致、そして何よりも信頼に基づいています。これを時代遅れの英国圏と揶揄するのは簡単でしょう。しかし、これらの3カ国は、世界で最も多文化な民主主義国のひとつであり、そのアイデンティティは、伝統よりも自由主義的な理想の共有によって定義されています。

それは、サイバー、人工知能、量子コンピューティングという新たな分野での軍事力、産業力、科学力の統合にほかなりません(この点については、英国議会の外交委員会のトム・トゥーゲントハット議長が公式に称賛しています)。

しかし、これからが大変な仕事であり、難しい問題でもあります。オーストラリアは、この問題を間違えるわけにはいかないので、3国とも真剣に、そして長期的に取り組む必要があります。3カ国の政府は、原子力潜水艦計画の具体的な計画を立てるために1年半の期限を設けています。これは、民間の原子力部門を持たない国と先進的な原子力技術を共有するという、非常に大きな課題を含んでいます。驚きなのは、オーストラリアの労働党が、これまでタブー視してきた技術の必要性を認め、ほぼ全面的に賛同していることだ。

難しい外交が待っている。フランスとの関係も厳しいものになるだろう。パリは当然のことながら、契約解除をめぐって3大国に不満を抱いている。商業上の必要性はともかく、この契約は、インド太平洋においてフランスが影響力のある役割を果たすというマクロン大統領の幅広い活動を象徴するものであり、オーストラリアはフランスを居住国および外交パートナーとして歓迎し、奨励しています。

オーストラリアとフランス、そしてEU全体は、単一の勢力に支配されないルールベースのインド太平洋地域において、真の意味での利害の一致を有しています。中国への対抗力を高めるために、他の民主主義諸国が見せ始めた慎重な連帯感を、AUKUSトリオが阻害したとしたら、それは悲劇です。

一方で、中国が何年もかけて築き上げてきた海軍力を、オーストラリアの友人たちが自らの手で獲得しようとしていることから、中国が公言している警戒心を払拭しようとする動きはほとんど見られないだろう。

ローリー・メドカーフ教授は、オーストラリア国立大学の国家安全保障カレッジの責任者であり、「Indo-Pacific Empire」の著者でもあります。Indo-Pacific Empire: China, America and the Contest for the World's Pivotal Region" (Manchester University Press)の著者。