やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

ソロモン諸島暴動(8)豪州ダウナー外相の弁解

豪州アレキサンダー・ダウナー元外相の非常に弁解じみたソロモン諸島暴動に対する論考。私は90年代後半から太平洋島嶼国が混乱する様子とそれに油を注ぐようなダウナー外相の愚かしい外交手法を目の前で見てきたので、批判的に読みました。今回の豪州派遣にはダウナー氏の意見も影響しているかもしれません。豪州軍が駐在する必要はあると思いますが、豪州だけでなく英米日の多国籍法執行部隊、もしくは各国の大使館に武官を置く事が重要かと思います。日本大使館、森本大使を孤独にさせてはいけません。防衛省からの派遣は必須です。海保は絶対だめです。英語できないし、国際関係何も知りません。10年目の前で見てきました。

Solomon Islands intervention is always about the China factor

ソロモン諸島への介入は、常に中国の要因が絡んでいる
この地域を不安定にする北京と台北の競争は、我々がしばらくの間ホニアラでのプレゼンスを維持すべきであることを意味する。

アレクサンダー・ダウナー
2021年11月28日 


オーストラリア政府は、ホニアラでの暴動を鎮めるために軍と警察をソロモン諸島に派遣するという賢明な決断を下しました。

スコット・モリソン首相が躊躇なく行動したことは評価できる。秩序は速やかに回復し、ソロモン諸島の国民はそのことに感謝するでしょう。

ここ数週間の出来事は、オーストラリアの外交政策が常に太平洋の島々に大きな焦点を当てていなければならないことを、はっきりと思い知らされるべきです。私たちは、この地域の安定を維持するために多大な時間と資源を投入しなければなりません。私たちがそうしなければ、誰もそうしないでしょう。
最近のソロモン諸島の危機は、太平洋の外交には常に中国の要素があることを思い出させてくれます。しかし、それは多くのコメンテーターが考えているようなものではありません。北京が太平洋地域で影響力を行使して、オーストラリアとその同盟国の安全保障を脅かそうとしているわけではありません。

中国の関心は、太平洋のすべての島国を台湾から引き離すことにあります。近年、中国は大きな成功を収めており、台湾の外交相手はナウル、パラオ、ツバル、マーシャル諸島だけになっています。

中国と台湾は、双方ともに賄賂を提供して自国に取り込もうとしている。
このような台北と北京の競争は、長年にわたってオーストラリアにとって苛立たしいものでした。両者ともに、太平洋島嶼国を自分たちの側に引き込もうと、誘導策や、率直に言えば賄賂を提供してきました。

私が外務大臣を務めていた頃、このような誘導策により、太平洋地域のガバナンスを改善するために、援助プログラムを通じて行っていた活動の多くが損なわれました。

実際、パプアニューギニアのマイケル・ソマレ首相(当時)は、PNGの承認を北京から台北に変更することを考え始めたことがありました。その理由は、地政学的な理由ではないと私は推測しています。

ソロモン諸島の話に戻りましょう。1998年から2003年にかけて、ソロモン諸島ではマライタ島の人々と隣のガダルカナル島の人々が武器を持って対立し、徐々に混沌としていった。

私はそれを心配した。ソロモン諸島に安定をもたらしてくれる外部の力は、オーストラリア以外にはありませんでした。オーストラリア政府内、特に外務貿易省と国防省では、平和回復のために直接介入すべきかどうかについて活発な議論が交わされました。

ソロモン諸島政府の招きに応じて軍隊や警察を派遣したとしても、出口戦略がないので、そこから抜け出せなくなるというのが一般的な見方でした。このままでは動けなくなってしまう。

私は長い間、このアドバイスを受け入れていました。援助予算と外交力を駆使して、ソロモン諸島に平和をもたらすことを目指していました。しかし、2003年になると、この方法ではうまくいかないことが明らかになりました。その年、ソロモン諸島の首相(当時)はジョン・ハワードに手紙を出し、オーストラリアに介入してほしいと要請しました。私は外務貿易省に助言を求めました。

アドバイスは明確で、介入すべきではないというものでした。しかし、その数日後、私はアデレード・ヒルズのホテル「Aldgate Pump」で家族と食事をしていると、ジョン・ハワードが私の携帯電話に電話をかけてきました。彼は、ソロモン諸島からの介入要請に対し、どう答えるべきだと考えているのか、と尋ねてきた。

私は、外務貿易省のアドバイスを伝えた上で、私の直感は違うと言った。我々は何年も介入を拒んできたが、状況は悪化する一方だった。出口戦略はないかもしれないが、長期的に滞在する余裕はある。ハワードもまったく同じことを考えていたそうで、後にRAMSI(ソロモン諸島地域支援ミッション)と呼ばれるものが誕生しました。

RAMSIは大成功でしたが、私が唯一残念に思っているのは、ターンブル政権が2017年にRAMSIの完全撤退を決定したことです。当時の私は、形だけの小さな存在を残さなかったのは失敗だったと思っていました。そうしていれば、今回の暴動や介入は起こらなかった可能性があります。しかし、それはわからない。

はっきりしているのは、今回の暴動は、2019年にソロモン諸島政府が外交上の承認を台湾から中華人民共和国に切り替えたことと関係があるということです。

私は長年にわたり、外交承認の報酬として太平洋諸島の政治家や官僚に支払いや誘導を行うことをやめるよう、常に連絡を取り合っていた北京の政府や、間接的に台北の政府に訴えてきました。

外務大臣を辞めた後、私は台北を訪れ、当時の台湾総統と会談しました。私は、前任の台湾政府が支払った投資や賄賂が、太平洋地域の安定と繁栄を実現しようとする我々の試みに損害を与えたことを伝えました。台湾総統は関心と共感を示し、台湾が責任を持って行動することを約束してくれました。外務大臣として、私は北京から全く同じ約束を受けました。

今回のソロモン諸島での暴動を見ると、この国がいまだに中台間の競争の遺産を抱えていることがわかります。

誰が見ても、ソロモン諸島政府が2019年に認識を北京に変更したにもかかわらず、台湾はマライタに近い存在であり続けている。ソロモン諸島に内在するマライタ人とガダルカナルの人々との間の緊張関係を、中国の両論併記が利用しているようだ。

さて、ここまでが本題です。北京と台北の競争は、この地域を不安定にしています。
このような太平洋地域の緊張関係は、オーストラリアの外交政策において太平洋諸島諸国が重要な位置を占めるべき理由を明確にしています。

モリソン政権が先日、太平洋地域への取り組みを強化すると発表したことは歓迎すべきことですが、その必要があったのかと思うと残念です。

ジュリー・ビショップ外相は、太平洋地域に大きな関心とエネルギーを示していましたが、2017年にRAMSIミッションの撤退を決定したことは、オーストラリアが戦略的に後退しているという印象を与えました。

意図したものではなかったかもしれませんが、北京や台北では、オーストラリアがこの地域の優先順位を下げたと解釈されたのではないでしょうか。

モリソンは、今回の介入によって、その思い込みが間違っていることを示したのである。少なくともオーストラリアの警察官をホニアラにしばらく駐留させる価値はあるかもしれない。