やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

私が動かした大統領令

12月9日に米国政府財務省から発表された人権グローバルマグニツキー法がパラオに入っている三合会にも発動されるニュース。詳細を追いたかったがこれからだ。

なぜ詳細を追いたかったのか?私がここ数年関わってきたことだからだ。

財務省の報道にExecutive Orderすなわち大統領令の文字を見つけた。

結果的に私はエスパー国防大臣だけでなくトランプ大統領令まで動かすこととなったのである。信じらない、またバカなことをと思った人は深く反省し、月刊正論新年号を読んでください。詳細を書きました。原稿のタイトル通り、まさに米国は法と秩序で楽園の島に切り込んでくれたのである。

f:id:yashinominews:20201218084559p:plain 

アマゾンのリンク  https://www.amazon.co.jp/-/en/dp/B08NRQ3HXK

 

大統領令はこれである。2017年12月21日に出されている。

Executive Order Blocking the Property of Persons Involved in Serious Human Rights Abuse or Corruption | The White House

2020年12月9日に出された財務省の告示はこれ。

Treasury Sanctions Corrupt Actors in Africa and Asia | U.S. Department of the Treasury

 

自分が何を動かしたのか?じっくり読みながらこのブログの続きを書きたい。

 

以下大統領令のグーグル訳

重大な人権侵害や汚職に関与した者の財産を遮断する行政命令 法と正義 

発行日:2017年12月21日 


すべてのニュース国際緊急経済大国法(50 U.S.C. 1701 et seq.)(IEEPA)、国家緊急事態法(50 U.S.C. 1601 et seq. 国際緊急経済大国法(50 U.S.C. 1701 et seq.)(IEEPA)、国家緊急事態法(50 U.S.C. 1601 et seq.)(NEA)、グローバル・マグニツキー人権説明責任法(公法114-328)(以下「法」)、1952年移民国籍法(8 U.S.C. 1182(f))の第212条(f)を含む米国憲法および米国の法律を含む。(INA)、および米国法典第301条(タイトル3)を参照してください。
私、ドナルド・J・トルンプ アメリカ合衆国大統領は、本命令の附属書に記載されている人物によって犯された、または指示されたものなど、全体または実質的な部分で米国外にその源を持つ人権侵害と汚職の蔓延と深刻さが、国際的な政治経済システムの安定を脅かすほどの範囲と重大性に達していることを発見するものである。人権の乱用と汚職は、安定した安全で機能する社会の不可欠な基盤を形成する価値観を損ない、個人に壊滅的な影響を与え、民主的な制度を弱体化させ、法の支配を低下させ、暴力的な紛争を永続させ、危険人物の活動を助長し、経済市場を弱体化させるものである。米国は、深刻な人権侵害を行った者や汚職に従事した者に具体的かつ重大な結果を課すとともに、これらの者による悪用から米国の金融システムを保護しようとしている。
よって、私は、世界中の深刻な人権侵害と汚職が、米国の国家安全保障、外交政策、経済に対する異常かつ異常な脅威を構成していると判断し、その脅威に対処するための国家緊急事態をここに宣言する。


私はここに決定し、命令する。


第一項 (a) 米国内にあるもの、今後米国内に入るもの、または以下の者の米国人の所有もしくは管理下にあるもの、または今後入るもののすべての財産および財産権は、遮断され、譲渡、支払い、輸出、引き出し、またはその他の取引をすることができない。
 (i) この命令の附属書に記載されている者。
 (ii) 国務長官および司法長官と協議の上、財務長官が決定した外国人。
  (A) 深刻な人権侵害に責任を負うか、共謀するか、または直接または間接的に関与したと財務長官が判断した外国人。
  (B) 現職もしくは元政府職員、またはそのような職員のために、またはそのような職員のために行動している者で、次のようなことに責任を負うか、共謀するか、または直接、間接的に関与している者。
   (1) 国家資産の不正流用、個人的利益のための私有資産の収用、政府との契約や天然資源の採掘に関連した汚職、贈収賄を含む汚職。
   (2) 汚職の収益の移転または移転を容易にすること。
  (C) 以下の指導者または職員であること、またはその経験があること。
   (1) 政府機関を含む団体で、リーダーまたは職員の在職期間に関連して、本節の(ii)(A)、(ii)(B)(1)または(ii)(B)(2)に記載されている活動に従事している、またはそのメンバーが従事してい る、またはそのような活動に従事していたこと。
   (2) 指導者又は職員の在職期間に関連する活動の結果、この命令により財産及び財産上の利益が遮断されている者
  (D) 本項の(ii)(A)、(ii)(B)(1)、または(ii)(B)(2)のいずれかに記載されている活動に従事しようとしたこと、および
 (iii) 国務長官および司法長官と協議の上、財務長官が決定した者。
  (A) 次のいずれかの活動に対して、またはそれらを支援するために、財政的、物質的、技術的な支援、または物品もしくはサービスを、実質的に支援、後援、または提供したと判断された者。
   (1) 外国人によって行われる本項の(ii)(A)、(ii)(B)(1)、または(ii)(B)(2)に記載されている活動。
   (2) 本命令により財産および財産上の利益がブロックされている者、または
   (3) 政府機関を含め、本項の(ii)(A)、(ii)(B)(1)又は(ii)(B)(2)に記載されている活動に従事しているか、又はその構成員が従事している事業体であって、その活動が外国人によって行われているもの。
  (B) 本命令に従って財産および財産上の利益がブロックされている者が直接または間接的に所有または支配しているか、またはその者のために、またはその者のために行動したか、または行動すると称した者であること、または
  (C) 本節第(iii)(A)項または(B)項に記載されている活動に従事しようとした場合。

 (b) 本節第(a)項の禁止事項は、法令、または本命令に基づいて発行される規則、命令、指示、または免許に規定されている場合を除き、また、本命令の発効日前に締結された契約、または許可された免許または許可にかかわらず、適用される。

 

第2項 本命令の第1項の基準の1つ以上を満たすと判断された外国人の米国への無制限の移民および非移民入国は、米国の利益を害することになり、そのような人物の移民または非移民としての米国への入国は、ここに停止される。このような人物は、2011年7月24日の公布第8693号(国連安全保障理事会の旅行禁止および国際緊急経済大国法制裁の対象となる外国人の入国停止)の第1項の対象者として扱われるものとする。

第三項 私はここに、IEEPA第203条(b)(2)項に規定されている種類の物品(50 U.S.C. 1702(b)(2))を、本命令に従って財産および財産上の利益がブロックされている者による、その者のために、またはその利益のために寄付することは、本命令で宣言された国家的緊急事態に対処する私の能力を著しく損なうと判断し、本命令の第1項に規定されているそのような寄付をここに禁止する。

 

第4項 第一項の禁止事項には、次のものが含まれる。

(a) 本命令に従って財産および財産上の利益が遮断されている者のために、その者のために、またはその者のために、資金、商品またはサービスの寄付または提供を行うこと。

(b) そのような人物からの資金、商品、またはサービスの寄付または提供を受けること。

 

第5項 (a) この命令に定められた禁止事項のいずれかを回避または回避する取引、回避または回避の目的を持つ取引、違反を引き起こす取引、または違反しようとする取引は禁止されている。

(b) この命令に定める禁止事項に違反するために結成された共謀は禁止される。

 

第6項 本命令の目的のために

(a) 「人」とは、個人または団体を意味する。

(b) 「事業体」とは、パートナーシップ、協会、信託、ジョイントベンチャー、法人、グループ、サブグループ、またはその他の組織を意味する。

(c) 「米国人」とは、米国市民、永住外国人、米国の法律に基づいて組織された団体、または米国内の司法権(外国支部を含む)、または米国内の人を意味する。

 

第7項 本命令に従って財産および財産上の利益が遮断されている者のうち、米国内に憲法上の存在感を有する可能性のある者については、資金またはその他の資産を瞬時に移転する能力があるため、本命令に従って取られるべき措置をそのような者に事前に通知することは、それらの措置を無効にすることになると、私は判断する。したがって、これらの措置が本命令で宣言された国家的緊急事態に対処する上で有効であるためには、本命令に基づいて行われたリストまたは決定の事前通知は必要ないと私は判断する。

 

第8項 財務長官は、国務長官と協議の上、規則および規制の採択を含む行動を取り、IEEPA および法によって付与されたすべての権限を、本命令および法第 1263 条(a)に規定されている決定に関して実施するために必要なものとして使用する権限を与えられている。財務長官は、適用法に従い、これらの機能のいずれかを米国の他の役員および機関に再委任することができます。すべての機関は、この命令を実施するために、その権限の範囲内ですべての適切な措置を取らなければならない。

 

第9項 国務長官は、規則および規則の採択を含め、本命令の第 2 項を実行するために必要な行動を取り、IEEPA、 INA、および同法によって付与されたすべての権限を行使する権限を与えられ、財務長官と協議の上、同法第 1264 条(a)項の報告要件、同法第 1264 条(b)(2)項に規定されている報告書に関する同法第 1264 条(a)項の報告要件を実行する権限を与えられています。国務長官は、適用法に従い、これらの機能のいずれかを、適用法に従い、米国の他の役員および機関に再委任することができる。

 

第 10 項 財務長官は、国務長官および司法長官と協議の上、本命令の附属書に記載されている人物の財産および財産権をブロッキングすることをもはや正当化することができない状況であると判断し、その判断を有効にするために必要な措置をとる権限を与えられます。

 

第 11 項 財務長官は、国務長官と協議の上、NEA の第 401 条(c)(50 U.S.C. 1641(c))および IEEPA の第 204 条(c)(50 U.S.C. 1703(c))に準拠して、本命令で宣言された国家緊急事態に関する定期報告書および最終報告書を議会に提出する権限が与えられている。

 

第 12 項 この命令は、2017 年 12 月 21 日(米国東部標準時)午前 12 時 1 分に発効する。

 

第13項 本命令は、米国、その部局、機関、または団体、その役員、従業員、または代理人、またはその他の人物に対して、いかなる当事者も、法律または衡平法で強制執行可能な、実体的または手続き的ないかなる権利または利益も創出することを意図するものではなく、また創出するものでもない。

ドナルド・J・トランプ

ホワイトハウス
2017年12月20日

1. Mukhtar Hamid Shah; 生年月日(DOB) 1939年8月11日; 改訂版 1939年11月8日; 国籍 パキスタン 生年月日(DOB)は1939年11月8日、国籍はパキスタン

2. アンヘル・ロンドン・リホ; DOB 1950年7月16日; 国籍 ドミニカ共和国

3. 1973年12月23日生まれ、イスラエル国籍、コンゴ民主共和国出身。

4. マウン・マウン・ソエ(Maung Maung Soe)、1964年3月生まれ、国籍、ビルマ

5. Yahya Jammeh; DOB 1965年5月25日, 国籍, ガンビア

6. セルゲイ・クシウク、1966年12月1日生まれ。

7. 7.ベンジャミン・ボル・メル(Benjamin Bol Mel) 1978年1月3日生まれ。1978年12月24日生まれ、国籍は南スーダン、副国籍はスーダン

8. フリオ・アントニオ・フアレス・ラミレス; DOB 1980年12月1日, 国籍 グアテマラ

9. グルノラ・イスラモフナ・カリモワ(Goulnora Islamovna Karimova)、1972年7月8日生、国籍、ウズベキスタン

10. Slobodan Tesic; DOB 1958年12月21日; 国籍、セルビア

11. アルテム・ユリェヴィチ・チャイカ 1975年9月25日生まれ、国籍はロシア。

12. 1963年4月生まれ、中国国籍。

13. ロベルト・ホセ・リバス・レイエス(Roberto Jose Rivas Reyes); DOB 1954年7月6日, 国籍 ニカラグア

 

 財務省の告示のグーグル訳

2020年12月9日
国際腐敗防止デーには、世界的なマグニツキー指定が腐敗行為者とそのネットワークを対象としている。

ワシントン発-国際腐敗防止デーの本日、米国財務省の外国資産管理局(OFAC)は、アフリカとアジアの数カ国において、腐敗行為者とそのネットワークを標的にしています。本日の行動は、グローバル・マグニツキー人権説明責任法を基にして実施され、汚職および深刻な人権侵害の加害者を対象とした執行命令(E.O.)13818に基づいて行われます。

"国際汚職防止デーに、財務省は国民を犠牲にして汚職を助長した者にコストを課すことに全面的にコミットしています」とジャスティン・G・ムジニッチ副長官は述べています。

腐敗防止の取り組みに対する国民の意識を高めるために、2003年10月31日に国連総会が国連腐敗防止条約(UNCAC)を採択して以来、毎年12月9日に国際腐敗防止デーが観測されています。現在、UNCACには187カ国が加盟しています。腐敗行為に対するメッセージを送ることに加えて、財務省は透明性、説明責任、法の支配を高めるためにそのツールを使用しています。これらの指定により、財務省はすべての政府に対し、汚職の脆弱性に対処するための反マネーロンダリング改革を実施することを奨励しています。

リベリアにおける腐敗:ハリー・ヴァレーGBOTO-NAMBIシャーマン

現在著名な弁護士、リベリアの上院議員、リベリア上院司法委員会の委員長を務めるハリー・ヴァーニー・ゴボト=ナンビ・シャーマン(シャーマン)は、2010年の贈収賄計画の裁判に関連する複数の裁判官に賄賂を提供し、2019年7月に最終的に無罪の評決を下した裁判官との間に非公開の利害対立がありました。シャーマンは、自分に有利な判決を下すために裁判官に日常的に支払いを行っており、彼に不利な判決を下した裁判官の弾劾を支援するために、リベリアの政治家への支払いを容易にしたとされています。

今回の裁判につながった2010年のスキームでは、シャーマンはリベリアに残された最後の採掘資産の一つであるウォロジッツ鉄鉱石鉱区を手に入れようと、英国の鉱業会社に雇われていた。シャーマンは、契約を獲得するためには、まず高官を賄賂で買収してリベリアの調達・利権法を変更しなければならないと会社に助言した。2016年、シャーマンは95万ドルの贈収賄スキームに関与したとして、他の数人の政府高官とともにリベリア政府から起訴された。2019年、裁判長は、贈収賄スキームに関与していたとして告発されたすべての個人を無罪にしました。シャーマンの贈収賄行為は、リベリアの司法と法務省に影響力を行使するためのより大きな行動パターンを示しています。

シャーマンは、国家資産の不正流用、個人的利益のための私有資産の収用、政府契約や天然資源の採掘に関連した汚職、贈収賄を含む汚職に責任を負う、または共謀する、または直接または間接的に従事している現役または元政府職員である外国人として指定されています。

キルギス共和国における腐敗:ライムベク・マトライモフ

キルギス税関の元副官であるライムベク・マトライモフ(Matraimov)は、少なくとも7億ドルがキルギス共和国からロンダリングされた税関スキームに関与していました。この計画には、ある企業とその企業の関税逃れが関与していました。企業は税関職員に賄賂を渡し、その見返りとして、税関職員はより高価な製品を低価値品として通関し、最大の利益を得ることができるようにしていました。さらに、その企業の商品は、より迅速に税関ターミナルを通過することができます。この会社とは無関係で賄賂を払っていない他社の商品は、しばしば徹底的に検査され、トラックから降ろされ、税関の倉庫に数ヶ月どころか数週間も放置されることになった。マトライモフは、この会社の商品がキルギス共和国の国境をスムーズに通過できるように、自分の立場を利用していた。マタイモフは、この会社からの賄賂の徴収と分配を担当していた。さらに、マトレイモフは、この会社がキルギス共和国に現金を密輸するのを手伝っていた。多額の現金を積んだ運び屋が空港でキルギスの警察に声をかけられると、運び屋はマタイモフの名前を使って旅を続けようとした。マトレイモフは、キルギス税関サービスの副官という前職を利用して、関税スキームに関与した結果、何億ドルもの金を稼いだ。

 

マトライモフは、国家資産の不正流用、個人的利益のための私有資産の収用、政府との契約や天然資源の採掘に関連した汚職、贈収賄を含む汚職に責任を負う、または共謀する、または直接または間接的に従事している現役または元政府職員である外国人として指定されています。

南アジアにおける腐敗:歯欠け駒

歯欠け駒としても知られるワン・クオック・コイは、中国共産党(CCP)中国人民政治協商会議のメンバーであり、麻薬密売、違法賭博、恐喝、人身売買、その他様々な犯罪活動に従事する世界最大級の中国組織犯罪組織「14Kトライアド」のリーダーである。贈収賄、汚職、贈収賄に加えて、14Kトライアドはパラオでも同様の不法活動を行っています。

歯欠け駒は、国家資産の不正流用、個人的な利益のための私有資産の収用、政府との契約や天然資源の採取に関連した汚職、贈収賄を含む汚職に従事した、またはそのメンバーが従事した政府機関を含む事業体の指導者や役人である外国人であると指定されています。

OFACはまた、歯欠け駒が所有または管理する3つの事業体を指定した。

- カンボジアに拠点を置き、歯欠け駒が2018年に設立した「世界洪門歴史文化協会」。
- 香港に拠点を置く東美グループ、そして
- パラオを拠点に活動する「パラオ中国洪門文化協会」。

2018年、歯欠け駒はカンボジアに「世界洪門歴史文化協会」の本部を設立しました。洪門(または「洪門」)とは、1600年代半ばに設立された世界的な中国の友愛団体で、香港やマカオでは「トライアド」の代名詞となっています。14Kトライアドは、歯欠け駒の「世界洪門歴史文化協会」を利用して、自らを正当化するための努力をしています。

世界洪門歴史文化協会は、マレーシアやカンボジアのエリートたちをなんとか採用している。これは、中国のベルト&ロード構想(BRI)やチャイナ・ドリームなど中国共産党の主要な構想の枠にはめて、違法な犯罪行為を隠蔽しようとする華僑のパターンを継続しているのである。世界洪門歴史文化協会は東南アジア全域に広がり、暗号通貨、不動産、最近ではBRI投資の保護に特化したセキュリティ会社の開発と立ち上げに関わる強力なビジネスネットワークを確立している。

BRIプロジェクトの背後にある中国企業には、いくつかの共通点があります。彼らの指導者は、中国だけでなく、東南アジアの他の地域で違法活動に関与している犯罪ネットワークやアクターとのつながりを持っていること、カジノや暗号通貨に従事している既存の組織を持っていること、オンラインで北京のBRIに関連していることを宣伝し、中国の主要な政府機関とのつながりを誇示していること、そしてすべての企業が、中国人を積極的に支援しようとする協会を設立していることです。

世界洪門歴史文化協会を介して中国共産党のBRIを推進しているだけでなく、「東美グループ」を率いています。東美グループは、ビルマの西海岸地区の主要な投資家です。

安全保障への影響

本日の措置の結果、上記の者の米国内にある、または米国人の所有または支配下にあるすべての財産および財産上の利益はブロックされ、OFACに報告しなければなりません。さらに、ブロックされた一人または複数の人物が直接または間接的に50%以上所有している事業体もブロックされます。OFAC の規則では、OFAC が発行した一般的または特定のライセンスによって許可されている場合、または免除されている場合を除き、一般的に、米国人による、または米国内(または米国内を通過する)で、指定された、またはそうでなければブロックされている人物の財産または財産の利益に関わるすべての取引を禁止しています。この禁止事項には、ブロックされた人物による、ブロックされた人物への、あるいはブロックされた人物の利益のための、資金、商品、サービスの拠出や提供、あるいはそのような人物からの資金、商品、サービスの拠出や提供の受領が含まれます。

GLOBAL MAGNITSKY

グローバル・マグニツキー人権説明責任法に基づき、大統領は2017年12月20日にE.O.13818に署名し、その中で、その源の全部または実質的な一部が米国外にある人権濫用と汚職の蔓延が、国際的な政治経済システムの安定を脅かすほどの規模と重大性に達していることを確認しました。人権侵害と汚職は、安定した安全で機能する社会の本質的な基盤を形成する価値観を損ない、個人に壊滅的な影響を与え、民主的な制度を弱体化させ、法の支配を低下させ、暴力的な紛争を永続させ、危険人物の活動を助長させ、経済市場を弱体化させる。米国は、深刻な人権侵害や汚職を行った者に具体的かつ重大な結果を課すとともに、これらの者による悪用から米国の金融システムを保護しようとしている。