やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて30年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

ホワイトハウス米領サモアの海洋安全保障強化

これも感慨深いというか・・
米国国家安全保障局が(国防省でも、国務省でもなく!)米領サモア周辺を監視するため高性能の監視艇を供与、とのこと。中国の違法操業監視が主な目的。
2008年、私がミクロネシア海上保安事業を立ち上げるとき、米国国務次官補だったクリストファー・ヒルからお手紙をもらい
「日本が海洋監視支援?まあいいんじゃない?日本の違法操業この前も捕まったみたいだし」
と書かれていたのである。
 
豪州の女性大使は
「日本が海洋監視支援?本気なの?じゃあ日本語を教えてあげて。日本の違法漁船拿捕に助かるわ?」
この時、私の頭から巨大な日の丸と旭日旗が昇りました。
でも今は、ホワイトハウスが中国の違法操業を取締るために、とはっきり言うようになったんです。
 
 

Keeping China in check: USCG to beef up capability in Western Pacific

 

こちらはNSC の声明・・

Statement from National Security Advisor Robert C. O’Brien | The White House

 

グーグル訳

米国は、志を同じくする国々が国際的なルールに基づいた秩序を守る、自由で開かれたインド太平洋地域を推進しています。

米国は太平洋の大国である。 中華人民共和国による違法、無報告、無規制の漁業や、インド太平洋の他国の排他的経済水域を航行する船舶への嫌がらせは、米国の主権と太平洋近隣諸国の主権を脅かし、地域の安定を危うくしている。 これらの不安定化した悪質な行動に対抗するためには、米国沿岸警備隊(USCG)をはじめとする米国政府の努力が不可欠である。

USCG は、重要な国益を保護し、必要に応じて地域のパートナーの国益を保護する上で重要な役割を果たしている主要なカッターの艦隊の近代化と能力強化を継続しています。 そのために、USCGは戦略的に大幅に強化された高速応答カッターを、実績のあるルイジアナ州の造船所で西太平洋に配備しています。 新世代の高速応答カッターは、漁業パトロールなどの海上保安任務を遂行し、海上監視・執行能力が限られている地域のパートナーと協力して海洋領域の認識と執行の取り組みを強化し、航行の自由を確保します。

インド太平洋地域での能力と存在感を高めるために、USCGは2021年度に、高速応答カッターを米領サモアに配備する可能性を評価することを計画しています。 調査の結果、良好な結果が得られれば、米国は南太平洋地域でのプレゼンスをさらに拡大することができます。

インド太平洋における海上保安庁の存在感を高めることで、米国がこの地域で選ばれる海事パートナーであり続けることを保証します。