やしの実通信 by Dr Rieko Hayakawa

太平洋を渡り歩いて35年。島と海を国際政治、開発、海洋法の視点で見ていきます。

年寄り母さん奮闘記

ムッシュー モス Monsieur Moth

ソマレ閣下がエリザベス女王から勲章をいただいているところ。愚夫は女王の代理人(総督)からもらうらしい。 愚夫は一時、友人達から”ムッシュー モス”と呼ばれていた。 ”マダム バタフライ”をもじったものである。 ”マダム バタフライ”は赤子と共に長崎に…

Fa-hien

バングラデシュから留学しているクラスメイトに息子が生まれ、Fa-hienという名前をつけたという。バングラデシュの言葉は一切しらないが、 「なんか中国語みたいね。」と言ったら、 「そうだよ、中国のお坊さんの名前だ。中国は以前はハンブルな国だった。僕…

おにぎり

今日は娘の誕生日パーティなのだが、急に人数が増えて、頼んでおいたピザ3枚では足りないような気が、昨晩からしていた。 しかし、小さな町の、即ちsmall marketのピザ屋は急な消費者の要望に応えてくれない。(と思う) で、おにぎりを作る事にした。 この…

ケリーのお父さん

娘の友人のお母さんとお茶をした。 文化の違いを色々話している最中に、 「ねえ、日本では友達の親をどう呼ぶの?」 「んんん、ケリーちゃんのお父さん、とか、ナオミちゃんのお母さん、とか。苗字か名前を親は呼ぶけど、子供は呼ばない、と思う。」 こうい…

専業主婦と貧困問題

「米国は日本の女性の地位が低いとか言うけど、関西のおばちゃんパワーを見てみなさい。日本には日本の価値があって、女性もそれなりの地位を持って来たんです。」 海洋政策を語っていた時に、男性の上司から出てきたコメントである。 ご本人の安全のために…

バイオリンの試験

今日は朝から娘のバイオリンの試験。 バイオリンを始めて4、5年になる。先生から試験を提案され、初めて受ける事となった。 試験は、3つの楽曲を暗譜で。 それからC、F major scale & arpeggio. E、 D harmonic minor scale & Arpeggio. この数週間、親子…

Somei Yoshino

南半球は春を迎えている。 近くのボタニカルガーデンでは例年より早くシャクナゲが開花し、桜も満開。 加えて水仙も広い原っぱに満開に咲き、黄色い絨毯のようになっている。 昨年、海の見える家のお預かりする事になり、木々を少し植えてみた。 植木屋さん…

ジャスティン•ビーバー

娘から最近話題のアイドルの名前をよく聞くがあまり関心がわかない。 その中で、ジャスティン•ビーバーというおにいちゃんが、カッコイイだけでなく、歌がメッチャ上手なので、年甲斐もなく「ジャスティン、ジャスティン」と騒いでいる。 娘「私、ジャスティ…

スカイプとお化粧

ICTが主体ではない、と昨日言っておきながら、スカイプがなかったら、電話回線がなかったら、インターネットがなかったら、今の仕事環境は成り立たない事も事実である。 スカイプも一早く使い始めてた方である。その性能は日々向上し、電話会社の妨害もなん…

ワーママ 学ママの勉強術

気づけば、五十間近にしてワーママ、学ママの侭である。自分が選んだ道とはいえ、険しい道のりである。この数週間は毎朝4時起きで論文執筆。 ワーママ、学ママの課題はまとまった時間を作る事だ。 どうも博論が勢いづかないので、とある学会に博論の一部を…

ワイン樽の露天風呂

黒川清先生との初面談。 「あなた、毎日何しているの?」 不意をつく質問に一瞬詰まってしまった。 脳裏を過ったのは「ワイン樽の露天風呂」♪ ワーママで、学ママ、そしてピアニストママの自分は、一日が、一週間が、そして一年があっと言う間に過ぎて行く。…

Big Bang & Birth of the Earth

海水ができるのはいつ頃かしら。3分15秒あたり? 私たちはみんなスターダストだった。 夜空を見上げるのは、宇宙の塵だった時の記憶がDNAに残っているから?

David Gallo on life in the deep oceans

海水がなぜ塩辛いのか答えられない母親の事を聞きつけて、TEDさんが連絡をくれた。 海洋の世界は音楽と同じだって。ボルゲーゼさんが聞いたら喜びそう。 David Gallo on life in the deep oceans

ニュージーランドの海の週間

ニュージーランドでは3月2−10日が海の週間だった。 娘から「お母さん、なぜ海の水は塩辛いの?」と突然聞かれ「スミマセン。わかりません。」と素直に謝った。親には迷惑な海の週間! ニュージーランドと日本では教育の制度も違うし、環境も文化も違うの…

太平洋通勤族

10年ほど前からニュージーランドに拠点を移し、太平洋を南北に横断して日本通いが続いている。片道11時間のロングホールだ。 日本を拠点にミクロネシアにも足を延ばす。 こんな長距離通勤をしている人が他にもいた。福武總一郎氏。ベネッセの会長さん。 知り…

歯ブラシ

笹川会長の出張の多さに比べたら当方の出張は米粒のようなものだが、それでも多い。 それでホテル滞在が多くなるのだが、ホテルの備え付けられている歯ブラシとか、お茶とか、使い切れないものがそのまま捨てられるのではないか、という恐怖心、イヤ余計なお…

美人薄命 母娘の会話

娘 3歳 「おかあさん、美人の人はすぐ死ぬの?」 「そうよ。お母さんはもう直き死ぬわ。」 「お母さんは美人じゃないよ。死んだらいやだもの(泣きじゃくる)」 娘 5歳 「お母さんはもうじき死ぬよ。美人薄命というのよ。」 「お母さんは美人じゃないから…

センスオブワンダー 海辺の生き物

レイチェルカーソンを気取って子供達を連れ、引き潮時を狙って海辺に出た。 奥深い入り江になっており、海辺は海の生き物でいっぱいだ。 「これ、なーに?」 「えーっと、カニ」 「あれ、なーに?」 「鳥」 これじゃ話にならん。日本語だってわからないのに…

枝垂れない、しだれ桜

ここに越した年に、キッチンの窓からの景色にしだれ桜が合うと思い、生まれて初めて桜の植樹を行った。 桜は神が降りて、その年の豊作を占う木である。 しかし、植えてから数年はあまり元気がなく、花も少ししか咲かない。 枝の下の方から新しい枝が生えて来…

笹川会長の親戚か、羽生会長の?

ポジション、というのをあまり気にした事がない。 20代で国際機関の事務局長とか、全国組織の副会長、と言ったポジションに就かせていただいたせいかもしれない。面白い経験だったが結構大変な思いをした。 今回の米国出張で米国連邦政府とSPFUSAの方から…

「胡蝶の夢」 創作童話

(怖いバージョン) 今日は、お母さんはお出かけです。 さっちゃんは一人でお留守番。 「行ってらっしゃーい。」 「いい子にしていてね。」 その日は朝から雪が降り風がどんどん強くなって来ました。 ガタガタ、ガタガタ、窓が動いています。 ガタガタ、ガタ…

108歳のピアニスト

羽生会長から太平洋における米国の動向を調べてほしい、という指示が下った。 「そんな事できません。」と泣いて逃げる年ではなくなった。 「了解しました。」と応えるしかない。 笹川良一名誉会長ではないが、世の中何が幸いするかわからない。 米国連邦政…

夫婦のキキ ー 危機、忌諱、暉々、奇奇、毀棄、鬼気、帰期

「そんなにがんばって仕事をして夫婦関係は大丈夫か?」 日本財団の宮崎さんは遠くから暖かく、時に厳しく応援してくださっている。 先日、唐突な質問に一瞬たじろぎ、思わず 「キキです!」と応えてしまった。 キキにも色々ある。危機、忌諱、暉々、奇奇、…

我が家のドンマイさん

<我が家の母娘の会話 その1> 娘:ガーッシャーン! 母:「何やってるの!、だから言ったでしょ!よそ見しているから落とすのよ!両手で持ちなさいって何度言ったらわかるの!」ガミガミと2、3分はやる <我が家の母娘の会話 その2> 母:ガーッシャー…

考古学者とピアニスト

「ご主人は何を?」 「考古学者です。」 「まあ、ステキ。」 (何がステキなものか!) 考古学者を誤解している人が多いらしい。 そう言えば、トトロのお父さんも考古学者だし、映画にも考古学者が活躍している。 娘も父親が考古学者であると友人や先生に言…

皿洗い機の故障

我が家の皿洗い機が故障して、この数日は流しで昔ながらの皿洗いを楽しんでいる。 普段は機械がやってくれる、洗い→リンス→乾燥、という作業を娘とやるのは結構楽しい。 「お母さん楽しいね。」と娘も言ってくれる。 本当は洗った食器を置くカゴがあればそこ…

水菜、二十日大根、バラ

小さな庭があるので、家庭菜園に挑戦している。 いろいろトライしてみたが、二十日大根は虫もつかず必ず収穫できる。 下の写真は殆ど収穫した後の二十日大根。 取り立てをかじるとほのかな甘さと大根の辛みが新鮮で、娘も大好きである。 残った葉っぱや実は…

stupid people

女が仕事で業績を上げたり、学問で高位に進むと、それなりの社会的立場のある人でさえ、愚かな批判を始める。 ここ数年、私は博士課程に入ってのたうち回っている。音大出の私が博士課程にいることが面白くないおじさん、おばさん達が、何の遠慮もなく「あた…

This Week is Sea Week

ここ2週間、巻き寿司を100本くらい作っている。 娘の学校の放課後クラスで異文化体験のようなものがあって、ある日コーディネーターの方から巻き寿司を作ってくれといわれ、練習を重ねた。 今までいい加減に作っていたが、ウェッブで調べて酢飯ーシャリを初…

祖先のお歴々

サーバー再開、おめでとうございます。 大変な作業であったろうと想像しております。 さて、やらなきゃいけない事が目の前に山積みの時って、なぜかどうでも良い作業をしたくなりませんか? 娘のご先祖様たちです。これでヨーロッパの歴史が身近になりました…